IMG_1700.jpgまたまた車検の時期がやってきた 
この車は3万キロ台の中古で買って4年になるのかナ? 前のステップワゴンRF1型が15万㎞程乗って廃車して すでに4世代目RKにモデルチェンジしてしまっていた 一つ前のRG4型のフローリングタイプを探して買った
前に乗ってたRFは故障も無くて良かったけどこのRGは何かと故障が多くてお金がかかる 買った年にヘッドライトの故障で5~6万かかって 去年はフロントガラスが自覚も無く20cmくらいのヒビが入り 交換に7万円程 そして今年もパワステが壊れて7万円程の出費 。。。。。
ユーザー車検と云えども数万円の費用がかかるので気が重い 買い替えを考えなくもないけど 取りあえず気に入っている車なので前回同様に10万km以上は乗り続けるかも

で、また屋根に載せてるBOXを下して車検場に 2年に1回車検の為にこのBOXの脱着が凄い面倒だ もうサーキット道具を運ぶ訳でもないからやめようかナ パーキング入る時も気になるし。。。

そしてバイク積むために外してた2列目シートは取り付けたけど3列目は邪魔だから外しっぱなしで 今回も検査で室内見られてドキドキした 3列目は置いてあるだけでボルトONしてないからネ 
でもまァ、なんとか無事に車検終了 もう故障しないで永く走ってほしいヨ    
スポンサーサイト
2017.04.01 今年の桜は
IMG_1680.jpg去年の今頃はもう8分ほどの開花だったはず でも今回はこんな感じ。。。
麻生川沿いの桜は毎年楽しみにしている 通勤で自転車に乗ると季節の移ろいが感じられて癒されることが多い そんな歳頃になってしまったのネ なんて思う  FLYフィッシングで渓流に行くのも最近では鱒が釣れることと同じくらい季節感を楽しみに行くようになった は~~ジジくさい・・・・
IMG_1681.jpg
2月にSCOTTのカーボンバイクを入手してから 暖かくなったらまた遠くまで行こうと思ってたのに3月に入ったら割と寒い それに年度末は確定申告などの私用もあってなかなか乗る機会がない なので通勤で乗ってみた  一応通勤用はIMOLAでと決めていたけどたまにはSCOTTも乗ろうかナ と 
さすがにカーボンバイクは登りに強い ストレスを感じずに走れる   ただ信号待ちの多い通勤でSPD-SLシューズの脱着は未だにてこずる ま、寒さ対策のシューズカバーが取れればもう少しましになるかナ 早く暖かくならないかネ~






IMG_0028.jpg

















また西浜まで今年最後の落日を観にIMOLAで出かけました 
なのに 海岸へ着くころからアレルギー鼻炎が出て とても最後まで待っていられる状況ではなく
まだ沈まぬ太陽 さっさと写真だけ撮り 自転車を輪行袋に詰め込んで小田急に乗りました・・・

ま、こんな事もあります  また来年もよろしく です!
2016 1201新百合ヶ丘のアートセンター前のささやかなイルミネーションが灯りました これを観ると また今年も もう年末かァ・・・ と思います 

秋からロードバイクで少し遠くに行く事にハマり始めて 日々のジテツウにもチカラが入り気味です 今年になってから通勤路の一部が少しづつですが改修され 走ることがまた楽しくなってます 鶴川の金井から町田に向かう鶴川街道なんですが かなり改修されて凄く走り易くなりました 東京都は羨ましいです それに比べて川崎市管轄の世田谷通りは酷い 補修個所はとびとびで未改修部分はまるでオフロード並の荒れようです(特に路側帯)  自転車本位の物の云いようで恐縮ですけどネ


危ないナと思いながらもその路を使うのは自分の選択なので 誰にも文句は言えないけど 早くセタドウ 奇麗にならないかナ~ 
2016.09.14 「君の名は」
kimi.jpgせっかくの連休を雨で台無しにされて ただゴロゴロしている私に妻からの誘いで109シネマに  話題になっている「君の名は」を観て来た 

映画の論評を言える程の知識は無いけど ただただ面白かった  
このところ映画は3月連続で行ってるが 前々回が「インデペンデンスデイ」 前回が「シン・ゴジラ」 そして今回  3作共ジャンルは違うけど 今回のが一番楽しめたナ

今のアニメは既に映画の表現方法として広い年齢層に受け入れられ 国内外に人気作品が作られてますね 
昔々観た宮崎駿作品「カリオストロの城」はアニメの印象を変える映画だった ジブリ前期数作品の無国籍感が好きだったけど  新海誠作品はリアルな現代日本の街風景を描いている 「言の葉の庭」では 自分にとっては郷愁さえ感じてしまう雨の新宿御苑にやられた ・・・ 他作品も観て 新たに才能のある監督が出てきて やっぱ日本のアニメ映画もすてたもんじゃないネ と思った
最近huluで結構映画観てるけど  お金のかかってるハリウッド物より ヨーロッパ物や邦画のほうが好みになってきてるようだ

とにかくこの作品は繊細な画と 引き込まれてしまうストーリーが魅力ですネ  
にわかにアニメファンになってしまった私は 宮崎駿監督から派生したような 庵野英明や新海誠のようにグローバルな素晴らしい才能が ディズニーやピクサーにも劣らないアニメ作品をたくさん生み出してくれることを 歳がいもなく楽しみに思ったりしちゃいました。