2017.11.09 金峰山
6時30分 長野県川上村の朝です これも立派なモルゲンロートだネ  早朝にここに来る為に夕べ10時頃家を出て中央道の双葉SAで車中泊しました
IMG_0296.jpg今回は金峰山に登りに来たのです 今年は2回 廻り目平にFLYでキャンプに来た時 周りは山登りの方が多くてちょっと刺激されました
山登りなんて何十年ぶりです 昔々 丹沢の菩提峠~ヤビツ~大山と縦走して それが辛いだけで楽しくなかったので 登山は自分には向かないナ と思いこんでいましたが 突然登りたくなった 気まぐれですかネ ・・・


IMG_0300.jpg7時30分に廻り目平を出発して渓流沿いの緩い登り林道を1時間程歩いて 八丁平分岐まで来ました ここまでは気持ちの良い渓流を眺めながらの歩きなので魚影を探したりして楽しかったのですが ここから山の中の急登が始まります  いつも駅の階段を使うようにしていますが 後半のダル~くなる感 あれがずっと続くのかと心配でしたが 山道の不均等な段差や斜面はあまり辛くなかったです なんか不思議な楽しさです

IMG_0306.jpg針葉樹の枯葉が降り積もっていて フカフカなふみ心地で気持ちのいい登りが続きます 無心になれるのかナなんて思っていたけど ま、案外つまらない心配事や日々の事など走馬灯のように考えながら前に進みます まだまだ修行が足りないんですかね 。。。
必死に無心になろうと思いながら足元だけ見ながら進んでいると 突然荷上げの方と出くわしてビックリ 女性の方だったけど下りだからしょってた箱は空荷だったのかナ? でも大変なお仕事でしょう・・・「お天気がいいから上は気持ちいいですヨ~」なんて言ってもらえて俄然元気出ましたネ
数日の予報では明日から崩れるけど今日は大丈夫だったので珍しく天候の心配は無しで行けたのは良かったです 


IMG_0308.jpg紅葉は 麓はそれなりに綺麗だったけど 登るにつれて枯れた景色に ま、それも綺麗なんですけどね   緑の濃い季節より立ち枯れの木々から陽の光が入りやすく 深い林道にホンワカと暖かさが感じられて 晩秋ならではの良さってありますね
ただ2時間を過ぎたあたりからまたいつもの左足の中指が攣れて 何度も靴を脱いでマッサージをして進みました


IMG_0313.jpgそして金峰山小屋を過ぎてハイマツの隙間に50kg~100kg位の石が地面が見えない程ゴロゴロな登山道 頂上が見えているのでどんどん進みたい気持ちはあるのに あと百メートルと少し位の距離がなかなか進めません 河原のようなので小さい歩幅で進むことが出来ずに 渓流の石の上を歩くようにバランスに気をつけながら 斜度もあるので両手も使って登りますが とにかく息が切れる ヒーヒー云いながら何度も休憩を 時に靴を脱いでマッサージしながら 見えてる距離にどれだけ時間が掛かってんだと情けなくなりながらも また脚が攣る の繰り返し 結局左足の中指だけではなく 両足の太ももの内側も交互に攣るようになりながら  それにこの斜面なかなか急なので休憩中下を観ると 高所恐怖症の私は「ヒィィ~」ってなります 後ろを観ないようにインターバル&マッサージが必至です

IMG_0323.jpgそして登頂! 金峰山2599M 待ってたようにそこにいた20代の男の子たち3人に「お疲れのところすみませんが」とシャッターを頼まれ ついでに私も撮ってもらった・・・
それにしても若いって素晴らしいです 瑞垣山から稜線を来たと云っていたこの3人組の元気なこと まるで小中学生のようにキャッキャと楽しそうで 観ていても楽しかったです おかげでチョット元気になりました そして2~3年前に話題になった山ガールって女の子達も居て ああほんとに居るんだ・・・って思いました 登山女子はあか抜けない体育会系のイメージだったのですが今の山ガールはなかなか可愛くてオシャレな街に居る女の子と変わらないんですネ 
晴天と云うこともあってか 連休の終わった平日なのに 頂上には思いのほか人が居ました

IMG_0324.jpgドド~ン! と音が聞こえそうな佇まいでそこにある富士山 もう云う事無しです
お天気が良かったので360°最高の展望でした 八ヶ岳も北アルプスも確認したけど あまり詳しくないのでこれからは観ただけで山の名が言えるように地図で勉強しなくちゃネ


IMG_0330.jpgこれが金峰山頂上の「五丈岩」15M程の高さがあり 尺貫法で1丈が3Mなのでこの名が付いたらしい 登っている人が居て決まったルートからなら比較的登りやすいようです ただ後ろに回り込むとかなり切り立った場所にあって15Mどころではない 観てるだけでも股間の居心地が悪そう。。高所恐怖症の私には興味のない話です・・・



それにしても後で気づいた 記念写真を撮ってもらったその右上がピークらしい 不覚にも踏み忘れた! 
実は頂上に行ける自信も特に無かったし 辛かったら途中から引き返してもいいや 位に登頂に執着は無かったんで  また別ルートで登りたいので ピークを踏むのはいつでもいいです
まだ風が強く吹いていなっかたので適当な場所に腰掛けてカップラーメンとコンビニおにぎりでランチを済ませ 30分ほどの休憩で頂上をあとにしました 

IMG_0333.jpg登りより下りに自信が無かったのだけど 登り下りと云うより永く歩いた事による脚の疲労で 左右太ももの内側と左足の中指を幾度となく攣り  登りの後半の時より頻繁に休憩してストレッチやマッサージを繰り返してやっとの思いで八丁平分岐のある林道まで下って来ました  自転車で脚に自信がついたつもりになってたのにやっぱりダメか・・・と思ったけど ペダリングで酷使するふくらはぎと大腿四頭筋は無事だったのが幸いでした

そして林道を歩き始めてからはなぜか脚を攣る症状が出なくなり 明るいうちにキャンプ場に着いてテントを張り終える事だけ考えて急ぎました 




今回のブーツ ダナーのマウンテンライトはもう20年近く履いていますが 実は街履きばかりで本来のトレッキングでの使用は初めてで今更ながらにこの靴の良さを実感しました ソールを何度か張り替えていますが 今回もかなり減った状態だったのでグリップに不安があり 帰ったら早速リペアに出そうと思いました

IMG_0344.jpg暗くなるタイミングでテントを張り終えて 金峰山荘でお風呂に入り 夕食の支度 
じつは疲れすぎてあまり食欲も無かったのですが 数年ぶりに新調したチタンクッカーで炊飯したくて頑張ってみました このチタン DUCATI749Rに着けていたモトコルセのフルエキゾーストのチタンと同じ地色なんです そのうち綺麗な青い焼き色がつくんだろうな 楽しみ♪ バカでしょ? でも趣味ってそんなものです(笑)
チタンの熱伝導は難しいらしいのでクッカーとストーブの間に細かいメッシュと普通の網の2枚構造のものを使って炊飯 ここの標高も考慮して 火加減水加減や炊飯時間もまじめに管理  なんとこの数年で一番の炊き上がりでした

食後テントの前室の幕を開けて焚火を眺めながら ボ~っと過ごす至福の時

IMG_0343.jpg寒くなって幕を閉めてから前室で七輪を炊き  (このテント 前室幕の下がどうしても少々隙間ができてしまい風が入ります で天井部にはしっかりした換気があって 空気の動きがあるのでまず一酸化炭素中毒になるような事はないです で、ダウン着てれば快適室温で過ごせます ちょっと足元の防寒必要ですが) そんな中で好きなBGMを聴き 焼酎のお湯割りを飲みながら 「次はどこに行こうかナ?」なんて山関係の雑誌を遅くまで読みふけ すごく楽しい夜でした 
妻には 寒い時期に山でキャンプなんてどうかしてる って言われるけど やっぱりFLYをしたり今回初のトレッキングだったり 好きな遊びをして夜 一日を振り返って余韻を楽しめるのは本当に楽しいです こんなにも健康的な遊びって無いんじゃないでしょうか


IMG_0346.jpgテントポジションは定位置
明けて翌日 もう一つ新調した冬用のダウンシュラフ NANGAのオーロラクラシック600 安い買い物ではないからどうせなら後悔しない選択をと思って決めたけど オーバースペックだったかも・・・ 顔だけ出してるとちょっと暑すぎて寝苦しいくらい かと云ってファスナーを開けすぎると肩口から侵入する冷気でゾクゾクッと寒気で目覚める・・・ 贅沢な悩みですかネ やっぱ春秋用のシュラフも必要かナ?

チョイと寝不足な朝 5時前に目覚めてしまった 空模様はどんより 今日は撤収して帰るだけなのでゆっくり朝飯の支度して だらだらと帰り支度 屈むのもすでに辛くなってる 明日以降もきっと筋肉痛で苦しむ予感 
次回は 脚の攣らない対策を万全で挑みたいと思います 信州甲州は降雪期に入るから もっと雪の少ない近場でトレーニングがてら 行ってみたいと思います! 筋肉痛 痛いけど気持ちいいです・・・ 

スポンサーサイト
IMG_0231.jpg皆様にとってはせっかくのシルバーウイークなのに残念な連休でしたね 私のお休みは台風通過後で 申し訳ないけど好天に恵まれまして 念願の初秋の廻り目平に行きました で、金峰山荘で受付 やっぱり700円は良心的~ チェックアウトの時間制限も特に無いようですネ
平日のわりにはキャンパーの多さに驚きました ロッククライミングや登山 年配のグループでの気楽なトレッキング 
IMG_0229.jpgまたは小さなお子さんを連れてのフアミリーまで  ボルダリングの方たちもサイト内にある大きな岩で練習するために来ているようでした
広大な敷地のあちこちにテントがありました  お気に入りに入れてるキャンパーの方のブログではハイシーズンのここに来てウンザリしている様子でしたが 人気のキャンプ場はタイミングを選ばないと楽しめないのでしょうネ     

IMG_0233.jpg昔9月に来て寒かった覚えがあったし 前回の7月も夜は冷え込んで 外で夕食の支度をしながらも冷えたビールなんて飲む気にもなれなかったので 今回は前室が快適なケシュアを張りました  もう慣れたつもりでサクサクやっていたらセンターのポールを1本折ってしまいました かなりテンションを掛ける必要があったので容赦なくやっていたらあっさり折れました  ま、そんな事情でなのか リペア用に2本のポールが入っていたので 事なきを得ましたが 流石にポール折れたのは初めてで 良いテントだけど安価な理由がそこにあるのでしょうね
夜になると下山した周りのキャンパーの方たちの夕食や宴会の支度で賑やかになります  普段は寂しいくらいのロケーションでキャンプする事のが多いので 自分も少しだけ楽し気な気持ちになりました やはり広い前室は快適で七輪に炭を入れて一人鍋をしてみましたが 思った通り食べきれず 次の朝に食べても余る程で やはり食べ物にこだわるのは難しいです

IMG_0246.jpg釣りはと云うと 初日 前回のポイントに向かうと FLYフィッシャーが獲物が入っているらしきビニール袋を下げて渓から上がってくるのとすれ違ってしまい テンションがた落ちでした それにしてもFLYでキープする人も居るんですネ。。。
気を取り直して 多分釣り上ったであろう入渓ポイントから下流を釣るために 山の中を100メートル程川に沿って下り ロッドを繋ぎましたが 気持ちが下がってもいたし 魚っ気もあまり感じられず ほんの1時間で上がってしまいました 
その後テン張ってからも 面倒になって釣りはしなかったのでした 
明けて早朝 早めに撤収後に川に入るつもりが寝坊して 撤収してから川に向かったのは10時でした 一旦はキャンプ場から上流に向かったのですが 長いまっすぐな上り坂をヒーヒー歩いているうち急に面倒になり 取って返しキャンプ場下の昨日のポイントに向かいました 道すがら釣り人らしき怪しい車両が数台林道脇に駐車してありましたが もう気にするのも面倒になり7月に釣れたポイントから入渓  ま、結果はボウズだったんですけど そこそこ反応はあって 特にブラックカディスには良く出ましたネ そんな見た目のテレストリアルが捕食対象になっているんですかネ? とにかく釣れなくても凄く楽しい時間を過ごせました と、言っておきます 多分釣れたら倍楽しいですけど  
今回特に ウエーディングソールがダメになってるのか バランスを崩すことが多くてちょっと情けなかったですネ 

もう今月でFLYも禁漁になります 年内にまた行きたいけど ここの紅葉とかは綺麗なのでしょうかネ 釣りしないとなると山歩きとか。。。初心者向きの楽なコースもありそうなので考えてみようかナ・・・・
 
2017.08.18 東北へ
今年の東北行きは雨にやられて 体調もイマイチでした

IMG_0152.jpg


















盛岡に着いて イオンで買い物をしているうちに 熱っぽい様な怠い感じがして 身体に違和感も感じて 少し気が重くなりました
初日は秋田の乳頭温泉を予定していたけど 取り敢えず 先に 近い網張温泉にテントを張り なんとかテントに落ち着いた頃から雨になり ケシュアの全室にこもり 図らずもBoseのモバイルスピーカーが大活躍でした

次の朝まで強く降られ 予報を見ても今週いっぱい雨予報だったので この時既に もう今年の夏は諦めようと観念しました
少し雨脚が衰えたタイミングで撤収 濡れてしまった道具とテントを車に押し込み   一応 雫石の渓の様子を見に行くと いつも私が入るポイントの前後に先行者が居ました  こんな事はめったにないんですけど  やはり今年はついていない…

IMG_0159.jpg


















折角ここまで来たのだからと思い 秋田側を確認しに 県境の峠を越えると  雨は降っていません 晴れ間さえ見えていました おかげで少しヤル気も快復したので そそくさと いつもの渓へ行ってみます


IMG_0162.jpgそしてこちらの渓は先行者も無く やれやれですヨ 
で、今回も 恐る恐るロッドを振りながらも  無事にお腹の黄色いイワナに再会できて ホッとしました
去年はボウズでしたからネ

今回も熊の情報がこの近くであったのですが とにかく一つは釣りたくて いつもより奥まで入って 漸くのヒットでした 入渓直後から頻繁に当たりがくるのになかなか掛けられなかったので いつしか恐怖心より釣り欲のが優っていたのでしょうネ
毎回この渓では熊への恐怖心で集中できず フライが正確に流せないのと ピックアップが早過ぎるのが 釣れない理由だと 重々わかってはいるんですよ・・・・





IMG_0180.jpg

IMG_0186.jpgサカナの顏を見て気を良くしたので 田沢湖もロードバイクで走りました
でもやはり疲れていたのでしょう 一周ほんの20kmが応えました 実は渓流釣りも結構脚にくるんですよ 1日で二つの遊びは叶わない年頃になった事を自覚しましたネ

























秋田の天候は悪くなかったのですが もうビッショリになってしまった道具を広げる気力は無くなっていたので 帰路に着きました

ついでに朝 先行されてしまった雫石の渓も夕方なら入れるかも?なんて 思いは 峠越えをしてまだ 雨脚の衰えない岩手側を見て 今回は縁が無かった事を悟りました



あぁ    何年ぶりだろう・・・
IMG_0090.jpg何故か想いが募っても計画倒れが続いたここへのキャンプ 9月に予定をたてる事が多くて たいがい台風とぶつかって断念してた  20代半ばの頃 オフロードバイクで大弛峠を越えて来てここを見つけた いつかここでキャンプを との想いを実現したのは10年近く過ぎてのことだった まさにその初キャンプはFLYのデビューの時だった  過去2回のキャンプはバイク 車で来たのは今回初めてだ

IMG_0116.jpg 今朝も計画倒れになるかナ?と思いながらも 早起きしたら晴れてたので休日の日課になっているロードバイクに乗る 9時に予定があったので江の島までは行かずに湘南台遊水地まで往復40K程の短縮コースで帰宅 用事を済ませ11時にはフリーになったので出発 梅雨は早くも明けたらしい 八王子あたりで落雷と強い雨 またゲリラ豪雨の季節がやって来る

IMG_0100.jpg FLYフィッシングを始めたばかりの30代の頃は 千曲川の川上地区にハマって ここへは頻繁に来ていた 春のハイシーズンには朝6時にはロッドを振っていたんだから アタマおかしかったとしか思えない
そして久しぶりに訪れてみると ほんと遠い・・・  運転していても 昔通ったのが信じられないほど遠く感じる およそ日帰りの距離ではないナ

3時過ぎ到着 川に近い広いサイトに誰も居なかったのでここにテントを設営 山の斜面サイトはほとんどが岩登りの方たちのようだ  標高1570Mだからかテントを張っている間も息が切れる なんとかイブニングの釣りだけでも と思いつつダラダラしてしまい 川から上がったFLYフィッシャーを見つけて そこそこ釣れたと聞いて慌てて川に  頭にライトを付けてやる気満々で入渓したけど やっぱり思うように魚は出ません ここ金峰川で釣りをしたのは 記憶では20年程の間で 多分5回目?  とても綺麗なジンクリアな流れだけどあまり釣れない印象 なので釣れなくても納得で それより早く冷えたビールが飲みたくて 貧弱なライトを頼りに暗いヤブコギをしながらテン場に戻る
IMG_0105.jpgプシュッと一口目は良かったけど 晩御飯の支度をしながらもどんどん気温は下がって 薄いダウンジャケットが欲しくなるほど寒い   今回はファミリーと云うより山系のキャンプ場だったのでモンベルのクロノスドームを設営したけど 前回シェイクダウンしたケシュアのが良かった たとえソロでもテントは広いほうが快適 それに天井が高いって事は腰に優しいしタープの下でのご飯支度もケシュアの前室だったらこんなに寒い思いしなかったかも

IMG_0115.jpg夕べは寒かったので寝袋2枚重ねにしたらさすがに快適だった 朝はまた炊飯を失敗 美味しくはない朝食を済ませてのんびり撤収 暗くなってから到着した隣のテントの2人は岩登りらしくササッと撤収してザイルやナッツと云う道具をジャラジャラとぶら下げて出かけて行った 撤収作業をしながら周りを確認すると 若者はみんな出かけてしまい まったりしているのは私と 年配の山やさん達だけでした

IMG_0126.jpg夕べのイブニングは疲れてたしやる気が出なかったので 今朝は少しだけ頑張ろう と 撤収後キャンプ場を下ったポイントから入渓 

今回もダメ元で入渓したけど それなりに魚の反応はあって テンポ良く釣り上がっていくと ここは居るナと思ったポイントでヒットした フライは#12のカディスだった  想えば苦節20年(笑) 念願の金峰イワナだ やはり管理釣り場じゃ無い川で釣れると単純に嬉しい 今シーズン初の魚でもある 1時間で上がろうと思ってたけど30分延長してしまった
夏休み ひとりのロングドライブが苦痛で迷っていた東北行き  でもまた東北イワナの顔を観に行ってみようかナ なんて思ったりしてる・・・  

IMG_0065.jpg


















あれからどんだけ経ってるんだろう?
と云うのも このテント フランス製の「ケシュア」 寒くなってからのキャンプに良さそうだと思い 去年の夏ころ買ったやつだ
これなら 寒い季節のキャンプでも 広い前室でマッタリくつろげるかも。。。って思いポチッた
結局 寒い季節にキャンプなんて行かなかったじゃあないか それどころか試し張りさえもしてなかった ・・・・
気にはなってたんだよナ 未開封のまま天井裏の倉庫に転がってた なんなら未使用でヤフオクに出しちゃおうかナ なんて・・・
と 云う訳での今年初のキャンプ  本当は春ころには・・・なんて思ってたのに

で、また道志の山伏キャンプ場に来た  
早朝に起きてロードバイクで江の島まで往復して で、10時過ぎに業者と打ち合わせして バタバタと買い物して 出た 
そしてまた 馴れない圏央道 降りてから迷い。。。やっと3時 山伏キャンプ場着        あ~疲れた
IMG_0064.jpgで、 張ってみたら 思ってたより良い! 1万円チョットだったから期待してなかったんだけど ぜんぜん良い! 説明が袋の内側に縫い付けてある フランス語だから読めないけど なんとなくは解る 素材も縫製も想定内 ただペグとガイロープが安っぽくて使い物にはならないかも   そりゃ スノーピークのアメドと比べたら グレードの違いは否めませんが とにかくコスパは最高だ! 云い過ぎか?・・・・

構造は3本のポールを平行にスリーブに入れてテンションかけて 後はペグダウンするだけの シンプルな作り 最初なのでポールのテンションに手こずったけど複雑なところがないので迷わずできた  仕上がってみたらなかな居住性が良さそう 思わずポチッた要因になった前室は印象より狭かったけど全くOK 全体のサイズで云えば適正だと思う  寒い季節を想定して終始 前室内に椅子を置いて過ごしてみた 上にベンチレーションもあるし横に窓もある これなら簡単な暖房を入れて使えるかも・・・ はたしてそんな季節に行くのか? ・・・
IMG_0072.jpg設営後 急いで温泉に行った 去年の7月にも利用した「石割の湯」37°の露天檜風呂が気に入ってる サッパリしてテン場に戻り ご飯の支度だけどまた 美味しい物をつくるのは失敗した 良い牛肉と美味しいバゲットを買ってきたのに  肉が・・・  ワインで酔っ払ってたので完食したけど  料理オンチなんだから事前にシュミレーションしとくべきだった 美味しいご飯食べれるかはそのキャンプでの印象に大きく影響するからね 

CDプレイヤーを持って行ったので酔っ払いながらJYZZを聞いて 夜は楽しくあっという間に時が過ぎました 

そして今回 初めてコット寝を経験した 数年前にもコットを購入してキャンプに持って行ったけど たしかユニフレームのコットは大き過ぎてクロノスドームに入らなかったという間抜けな結果で。。。 結局それはヤフオクで売ってしまいコールマンの低めのものを買い直し 今回はそれで快適に眠れました

で、やっぱり今年もまた完ソロキャンプになりました 今に至っては1人キャンプは全く気にならないので あえて気を使わなくていいかも   設営中に女性のキャンパーが来て話をした50歳位で女性のソロキャンパーって初めてお会いしましたネ  ここに予約して来たが テント設営料1000円と入場料900円はともかく車1台1000円と云うのが気に入らない と 予約時に観た情報には書いて無かったと・・・ ま、確かに1人キャンプに2900円は高いかも 2000円以内が妥当だよネ いつもの東北のキャンプでも安い所は無料 高くても1500円位だものね
その女性には道志の森キヤンプ場を勧めたら 見に行って戻らなかったのでそっちにしたのでしょう
おかげさま今回はこのキャンプ場を独占して 楽しく過ごせたのだけど ここの利用料すごく気になり始めた 次 道志来たら別のキャンプ場行くか・・・・