2017.08.12 ELTON JOHN
51xpyOGB8QL__SX425_.jpg CDを買うのは久しぶり 
エルトン・ジョン
中学生の頃 洋楽に目覚めて買ったポップス3枚のうち一番好きなのがエルトンジョンで 他はビートルズとC・C・Rだった あの頃の私は父のステレオで タンゴやカンツォーネを聴く変な中学生だったけど 洋楽ポップスに衝撃を受けるとあっさりとそちら側にハマった

C・C・Rはリズムが好きで 「プラウドメアリー」のB面の「ボーン・オン・ザ・バイヨウ」はサイケデリックなリズムがお気に入りで自室で聴きながらヘンテコなダンスで一人盛り上がってた  大人になって CD盤を見つけると迷わず買った

で、 エルトン・ジョン大好きなのに(ゲイだけど) 手元にないのは寂しいので今更このCDも買った訳で・・・
昔持ってたレコードはEP盤で  なので好きだという割にはアルバムも持っていなかった 
今回入手したCDは あの「FRIENDS」も入っていて感動!  フレンズと云えばポールとミッシェルの切ない恋物語 高校生のころ女の子とわざわざ銀座まで行ってロードショウを観た  曲を聴けば当時の気持ちが蘇る 甘酸っぱい想い出・・  ほんと 甘酸っぱ過ぎる想い出だ・・・

他にもたくさんいい曲が収録してあって 彼の作る曲のメロディが好きだし やっぱエルトンジョンの声が好きなのかも(私はゲイではないけど) 今までも好きなシンガーは声に惹かれることが多い 例えばジャジーボイスのヘレン・メリルとか ノラ・ジョーンズとかネ   
今回の東北行きも 懐かしのBGMが増えて 少しでもロングドライブの気晴らしになればいいんだけど と思っている・・・

スポンサーサイト
s-DENIS.jpgあちこちのCD屋さんを探したんですけど 見つけられず・・・結局アマゾンで買ってしまった


フランク・シナトラの名唱で知られる楽曲群をデニス・ソリー・カルテットの歌心溢れるテナーで綴るリラックス好盤。ピアノはあのビージー・アデール。GREENHILLならではのハートウォーミングな作品です。
もう一枚もデニス・ソリー SAX&Romance

中学生の頃 ラジオで零時前に放送していた15分間だけのジャズ番組を聴きながら眠りに就いていました 実はその後に始まる深夜放送が聴きたかったのだけど どうにもその時間まで起きていられずJAZZを聴きながら眠ってしまっていました 毎日聴いていると子供ながらに良さも解ってきたのかナ?

最近 その頃を思いだすように寝る時にJAZZを聴くことが多くなりました 
聴きながら眠ってしまうのももったいないですけど 何時の間にやら深い眠りに就いてしまう

そんな デニスの優しいテナーサックスはいかがでしょう・・・
s-4562109405071[1]☆サンタナ ベスト
すごく久しぶりのBGMネタなんですけどネ
最近 車移動するときに主に聴いているのは 。。実はおおきな声では言いにくいんですけど Jポップが多いんです それも懐メロ・・・(私の世代は洋物への憧れが強くて 歌謡曲を聴いてるなんて知られたく無いんですネ)
ジャンルは ニューミュージックとか言われていた頃の曲とかです   やっぱ ドライブ中に音楽を聴くって居眠り運転防止だったりもする訳で JAZZは好きなんだけど そればかり聴いていると 気持ち良過ぎて眠くなるんですネ なので一緒に歌えるJポップになるんです
去年から今年にかけて100曲くらいはTUTAYAのオムニバスをレンタルしましたが なぜか昔はあまり聴いていない曲が多かったですネ

で、久しぶりにCDを買ったのでUPしてみました CD屋さんのカードも期限切れになっていて ほぼ2年以上CD買ってなかったようです・・・

話は変わりますが 私達の世代の青春時代(70年代)はと云うと 先ほども述べたように洋物への憧れと云うか コンプレックスと云うか 何にしても和物より洋物に目が行ったのですネ 
当時の私は アニセー・アルビナ と云う おフランスの女優さんが 「どストライク」 で一生懸命洋画誌を買ってはポスターや写真を集めていました そんな頃友人に観せられた外国の雑誌に驚愕しました  
ま、一糸纏わぬ女性の写真集なんですけど 肝心な所?が黒く塗られているんです 「これマジックだろ シンナーで落ちんじゃネ?」・・・御想像通りの努力を試みるんですが当然 紙は破れるばかり    くだらなさ過ぎるけど 思春期男子独特のバカみたいな生態ですネ   でも結構面白かった想い出です  

で、先日YouTubeを徘徊して居て「サンタナ」を見つけて聴き惚れてしまいました 昔はそんなにハマらなかったのでレコードも買ってなかったけど 彼のギターが奏でるラテンロックは好きでした 最近めっきり寒さの増した自転車通勤で 飛び出す鼻歌は ブラック♪ マジック♪ ウーマン♪! ・・・・・

と云う訳で 「ザ・ベストオブ・サンタナ」 一番好きな曲は 「哀愁のヨーロッパ」です 
 
2011.02.20 緩い日々
☆こんにちはmintです なんだか寒い毎日です 冬だから当たり前だけど・・・
このところ仕事以外は得に刺激的なことも無く 怪我の後遺症で両肩が上がらない日々を リハビリに専念しながらも毎日ユルユルと生活しています  でも好奇心だけは逞しく あらぬ妄想に夢中になったり・・・ま、ほぼバイクのことか釣りの事なんですけどネ

お気に入りのBGMの更新がだいぶ滞ってしまってました  それなりにCD屋さんをうろついて買ってみたりはしてるんですが イマイチお奨めの物が無かったんですネ  でもそんな中でも良かったものを御紹介します 

☆ノラ・ジョーンズの自由時間(邦題)
s-nora.jpg取りあえず買いました ノラだから・・・
みたいなことなんですが やっぱ好きなミュージシャンなら外れはないです  ノラが色々なジャンルのミュージシャンとコラボったアルバム 録り貯めかナ?って気もするけど  出来は良いのでOKです  R&Bやカントリーを歌うノラも素敵です  ハービー・ハンコックやウイリーネルソンだったり      中でも リトル・ウイリーズとのエルビス・プレスリーのカヴー「ラヴ・ミー」はとても好きです! これを聴いて初めて プレスリーって素晴らしかったんだナ~ と思っちゃいました


☆ZAZ
s-ZAZ.jpgこれはたまたま妻がフランス語の歌をYouTube動画で観ている時に見つけて あまりに素敵だったので 慌ててアマゾンで取り寄せた 「ザズ」と云うおフランスのアーティスト  
印象に残るのは「Je Veux」と云う曲 歌詞も含めて一番気に入った 10年程のキャリアがあるのに なかなか注目されず 最近この曲でいきなりヒットしているらしい  本人も好きだと云う エディット・ピアフに劣らぬハスキーボイスはフレンチ演歌にピッタリはまる   動画の中で歌う彼女はどれもが気取も無く好感がもてる良い意味でのバタ臭さ と云うかこれほどストリートの似合うシンガーは居ないかもしれない

☆クール・ストラッティン「ソニー・クラーク トリオ」
s-cool.jpg「クール・ストラッティン」とは 粋な気取り歩き そんなかっこよく良くも自然なリズム 
以前から探していたけど なかなか手に入らなかったアルバム いつかどこかでめぐり合えるだろうと思ってたけど やっと偶然見つけた 当然 思ったより素晴らしい 
JAZZ好きな方達のブログでは必ずと言って良いほど紹介されている ソニー・クラークのブルーノートでの第3弾 何よりも私の好きなベースのポール・チェンバースが参加している 「カッコいい演奏」とは まさにこのことだと思う 曲のあたまから引き込まれていき やがてカラダがスイングしてしまう JAZZファンでなくとも魅了してしまう そんなアルバムです

アルバムタイトルの写真もタイトスカートの女性の足を写しているが 私世代だとこんなスタイルも多分第一次リバイバルの頃 大人の女性に憧れ 粋なタイトスカートの少し年上の素敵な女性を思い出させてくれる・・・ そんなセンスも素敵です 
 
2010.05.06 GW
やっと終わったよ 連休 ・・・  私にとってはゴールデンウイークじゃ ないネ 
あ~ぁ 1年を通していちばんイヤかも この数日  

選んだ仕事がGWに休まない商売だったんだから 自分で望んだわけで しかたないんだけどネ
でもやっぱ 好きになれないゴールデンウイーク・・・

私的には いつもの通勤電車なのに 周りは行楽気分の乗客だらけ・・・・   ああ~  もぅっ!

daiana.jpg☆ダイアナ・クラール  ベスト

何気に忙しかったGW中の通勤往復を癒してくれたCD
おとなのBGMです やっぱ女性のJAZZシンガーは良いですネ 
インストルメンタルなJAZZばかりを買っていたけど ある日ジャケ買いした(視聴したけど)ダイアナ・クラールが思いの他良くて それからボーカルもいいナと思い始め 今ではCD屋さんで気になる女性ボーカルを視聴しまくるのが大好きになりまして・・・購入までの この工程が好きなのかも