暑い~☆たしか筑波はこれが3回目だと思う 20年以上前にRZ350に乗っていて サーキットが走りたくなりBライセンスを取得した 初めてのサーキットはライン取りもわからず思いっきり自信喪失した記憶がある トランポも無いし自走も面倒でそれっきりになってしまった 常磐道もなかったしネ

そんな筑波にドカのSSさんに誘われて行ってきました RC誌が主催するライディングパーティー 

この日の筑波は初夏のような日差し コースの路面温度もかなり上がっていそう RC誌の根本さんの話だと路面が熱くなり過ぎてもヤバイらしい
そういえば根本さん白いもの増えたネ いくつになったんだろう 元GPライダーなんだよネ 昔々西伊豆スカイラインでRC誌の撮影に出くわして 無理やり握手してもらって写真まで撮っちゃって 発売前のバイクのインプレだったみたいで 仕事中なのに気さくに対応してくれて・・・ あれから大ファンですから(笑)

走行は20分を3回の計60分 3クラス分けされて 私は当然マイペースなクラス でもみんな結構飛ばすんだよナ 基本的には走り志向の人達のイベントだもんネ 

1回目の走行はコースを覚えるため追い越しは無しなので少しストレスを感じておしまい 

2回目のフリー走行で先導車に着いてラインのとり方を見ながら走り(このおかげで走りやすくなった) 

3回目はチョイト頑張って走る マイペースといっても速い人も居てインからアウトからがんがん抜かれてなかなか思ったラインを走らせてもらえなかったり 楽しいと感じた頃には終わってしまった 

転倒者も何台かいて MVアグスタやドカのスーパーバイクなんてコケたら修復たいへんネ やっぱRC誌の走行会は若干年齢層が高めな気がする 還暦?!くらいの人がハイペースクラスで走ってる姿は感動した 私もああなりたい!
 
まァこんだけ短時間でバイクと充実して遊んだのは久しぶり
インタバルはツナギを着ている暑さで頭もボ~っとしてたけど走り出すと暑さも忘れて集中できて楽しかったナ やっぱブラインドも対向車も無いって いいネ(笑) なんかハマりそうかも!!
スポンサーサイト
☆16才で2輪の免許を手に入れてから今迄いったいいくつのヘルメットを使ってきただろうか・・
私の場合新しく購入したヘルメットは必ずオリジナルに塗りたくなってしまう プロにお願いしたりその時々でイメージが湧けば自分でペイントしたり でもやはりプロの仕事は違うネ 値段もかなりだけど仕上がりは感動もの! 現在のアライのジェットはBMWのペイントで有名な塗装屋さんで塗ってもらった 初めは車輌のペイントの見積りをお願いしたんだけど 一回くらいこけてからでいいかナと思いヘルメットペイントに変更 単純なチェッカーストライプに塗ってもらい 5万円だった・・・ メット本体よりぜんぜんたかいじゃん!! 
で 今回フルフェイスに同じペイントを自分でチャレンジしてみた 実は一年も前に始めていたんだけど 失敗を繰り返して嫌になってずっとほったらかしにしていたんだナ  だけどサーキット走行の予定が急に入ったので慌てて仕上げる事に・・・なんとか間に合わせなくっちゃ(汗) 

◎まず耐水ペーパーで均等に最初の塗りを剥し サフェーサーの上からベースの色を乗せる 車体と同じ色を調合してエアブラシで吹く 今回はペイントボックスを自作してみた いつも室内でするので家族から大ひんしゅく そりゃあそうだよネ シンナー臭いし部屋中に色が飛ぶし これならチットはましかナ・・
 

◎チェッカーのストライプを入れる まずセンターにマスキングして白のベースを塗りその上にクリアを吹く その上に細いマスキングテープを格子状に貼り市松模様にマスキングして黒を吹くそしてまたクリアを この行程でのクリアはコンパウンドを使った時に色のずれを防ぐために

とりあえず仕上がり・・
◎最後にウレタンクリアを吹いて仕上がり でもこれがまた厄介で 2液性なので開けたら1日で使い切らないとダメで 艶々な仕上げのために垂れる寸前まで吹いてを数時間位おきに 

もう走行会まで休日は無いから 寝てる間も目覚めて数回 で 仕上がったけど・・・バフがけしてみたらまだまだ艶が足りなかったり エアパーツを塗り忘れてたり 途中の行程でも集中力を欠いて結果失敗したり 何回もしてるけど数年おきにだから失敗を繰り返してコツを思い出したりで 70点くらいの仕上がりかナ 今迄で大成功はあまり無いんだよネ・・・
なんの仕事でもそうだけど やはり大切なのは段取りですネ マスキングや色合わせ それと慌てないでしないとネ ・・・やっぱり落ち着いたらまた やり直そうかナ・・・・・(疲)
2006.05.24 いまいち・・
金山沢☆今回も寝過ごして出発は3時 何年も目覚まし時計使ってないけど こんな早出だと必要かもネ・・・食料買ったり給油したりで世附ゲート着は4時30分 すでに4台の車が停まっている 目的の沢はすでに2名が入渓予定で先行しているらしい その上の沢は・・ゲートのおじさんいわく「2時間は歩くようかナ・・でもまだ若そうだから1時間半で行くだろう!」... 
若い? おだてには乗るほうだから必死こいて歩きましたヨ もう  今回は1人だから退屈しないようにデジタルオーディオ聞きながらだったから早かったナ  途中先行の2人をとらえ上の別沢に入ることを伝えて追い越す 目的の沢には1時間40分で着いた おじさんの見立てより10分ほど老けてたってこと?(笑)

休む間もなく沢に潜り込み 最初のポイントで15cm程のを釣る なんかイヤな予感・・・
狭い沢なのでライントラブルが続き アタリも遠退き フライプレゼンも雑になり たまに来ても合せられない・・悪循環ダ~
2時間程で伏流してしまい 踏み後を見つけて脱渓 熊笹を掻き分けての急登で林道に出た時はゼ~ゼ~・・・ちょいと休憩まだ時間はあるので 少し下流に戻り 林道から後続の2人を確認し 彼らの入渓点より少し下から入る 彼らは餌師だから竿抜けを狙えるかも・・・

さっきの薮沢より広くのびのびとラインが伸ばせるのでストレス解消! やっぱ釣れないけどネ
今日は用有りだから12時には上がり 結局小さいのを二つ追加しただけだった(寂)
帰りの歩きの辛かったこと・・・(泣) ひざから下が痛くなった 前回の歩きで永い付き合いのダナーライトが足に合っていなかった事が判明してちょっとビックリ! 10年以上履いていたけどバイク用にしてたからソールも減っていない 今回はソール交換済みの程良く馴染んだマウンテンライトだから純粋に疲労痛だと思う 帰りも音楽で悔しさを紛らわして歩いた・・・・  きっと足の痛みが消えればまた リベンジ!なんて言って早起きするんだろうナ(笑) 
2006.05.23 ゴンチチ
☆この人たちは楽しそうでいいですネ
ナイロン弦とスチール弦のディオってのも 珍しいし 私的にはすごい好みで あの音色の絡みには やたら癒されますネ 何枚も買ったCDもそのほとんどが楽しめたし  ライブにも行ったけど おっさんトークも同世代として 笑えます

教則ビデオも笑える ギター抱きながら 弾きもしないで 観て笑ったりして楽しめたから まァいいや    この人たちの曲聴いてると すごくリラックスできる・・・休日限定で聴くべきかナ     
デパペペもいいけど やっぱ ゴンチチだネ!
2006.05.19 金峰山川
川上村から南アルプスを望む☆峰越林道
山梨の塩山に恵林寺というお寺がある 武田信玄を祭ってある事で有名で 快川紹喜という和尚は 織田信長によって焼打ちにされる時「心頭滅却すれば火もまた涼し」と云って死んで行ったと・・・
やせ我慢も程々にしておけっ!て 
そんな恵林寺の近くに峰越林道の起点はある
山梨側から大弛峠までは走りやすい緩やかなダートで長野側は急に高度を下げるガレた難所だったような記憶がある 

この長野側に金峰山川は流れている 廻り目平という所にキャンプ場があり 近辺の岩山を目当てにクライマー等も多く 野性味が有り私の大好きなキャンプ場の一つでもある
釣れないヨ~!フライフィッシングデビューはこの渓 オフロードバイクにテントを積んでここを目指した 
千曲川源流近くに流れるこの川は高低差のあるジンクリアな山岳渓流で白っぽい岩魚が釣れる らしい 実はここでは一度も釣れていない(寂) ストーキングの問題ですかネ?ジンクリアだから いっつも釣れないんだなァ・・
さて今回も岩魚を釣りたくて来てみたけど やっぱチャレンジャーでしたネ 素晴しいロケーションの中でロッドを振る

ま、 それだけでいいか・・・ 
まよったんだけどネ~☆換えちゃった
新しいR1200Sが出た! 現在乗ってるR1100Rのローンは終わってるし もしかしたら!? なんて淡い期待を抱いて妻に交渉を試みる
「え~~~~~っ(怒)!」って・・・ 

まァ「もしかしたら・・・?」程度の期待だったから 叶わぬ夢は早くわすれましょう
で 今のRを永~く乗る事に決めたので 迷っていたサス交換を今のうちにしてしまえー!

と云う経緯で換えましたオーリンズ 早く箱根にでも出かけて試さなくっちゃ!


2006.05.10 世附川
☆世附といえば昔々・・1980年代は もう一つの遊び モーターサイクルで林道を走ること(オフローダーってやつネ)に夢中になっていた頃で 国土地理院の二万五千分の一地形図等で未舗装と思われる路を探しては走り回ったり 白い地図上に履歴の赤線を残したりする事が満足の対象だった ダートも色々で 登りつめた挙句ロードエンドになり来た道を戻るのよりも 峠を越えて別の路へと至る方が変化があって好きだったナ 中でもこの世附林道は黒土の締まったダートが走りやすく 明神峠を越えて山中湖へと抜けるそりゃあもう抜群の林道 だった らしい・・・ 実は走って無いんだよネこれが(涙) なぜかその頃 世附の噂は聞きながらも 富士の滝沢林道や東丹沢のヤビツ峠(その昔は峠から宮ヶ瀬まではえらいダートでラリー車なんかも走り回っていたですヨ)西丹も道志から中川温泉に至る犬超路林道や 玄倉ユーシンなんかもピストンで走っていたんだけど そのうち世附はゲートができて通行不可になってしまった なぜ走らなかったのか今となっては忘れてしまったけど 五ツ星林道の世附を後の楽しみに残していたのかも・・・走れないとなると想いが募るもので あぁ 幻の世附・・なんてネ 
あれから二十数年 特に山登りにも興味の無かった自分があの世附を徒歩で行くとはネ(笑)
☆今回はシーズン2回目 相変わらず行けてませんネ 友人と前日の夜出で高速PAで車中宴会後就寝 3時起き ゲート4時着で支流を上まで1時間半程の歩き ダム上の橋から入渓 渇水ぎみかナ て云うよりGW明けのせいかなァ?ぜんぜん出ない 抜かれてる? 天候も予報はあてにならずで気温も思ったように上昇しないし(泣)
15cmが出たきり2時間・・下ることに(疲)
☆本流に下がり早めのランチ後 CR区間へ 区間下流もイマイチ もう少し気温が上がればネェ~

☆1時頃からは気温も上がり水温13度 活性も上がってきて と云うよりCRだから居るし釣れて当たり前? 区間内なのに沢割りがされていて頭をハネられる事も無い ヤマメポイントからは面白いように出てくれる 道志もこんなんだったら良かったのに・・・
☆朝も早かったのでもういいや 3時過ぎには お疲れ~
車止めに戻ったら朝同時に出発した二組も上がってきて やっぱりあまり出なかったらしい・・往復4時間も歩いた挙句に3っじゃあ シビレますなァ~(涙)
天候も水量もだけどGWに攻め立てられただろうしネ ヤマメちゃんもお休みにしたかったちゅうことで・・また次釣れてネ
そういえば 息子からお土産を要求されてたのに まともに釣れたのはCR区間だけだったから キープしてないや! 今から帰れば買い物して晩御飯の仕度も余裕で間に合うから 奴の好きなカレーでも作って許してもらおうかナ(笑) きっと次回は塩焼きサイズをドドーン と2ッくらい・・持って帰るからナッ!! また行かせてネ


 打田十紀夫 「思い出の鱒釣り」

☆題名のとおりの内容なんだけど フライフィッシャーとして見逃せないそのCDジャケットの写真・・・いまどきこんなの持って行くかなァ?的な魚篭に ありえないサイズの鱒が気の毒な程無造作に突っ込まれて その鱒のサイズにしては貧弱すぎるタックル・・・ あぁ フライを知っている人が作っていないんだナ~
とりあえず買ってみるか 笑えそうだし・・・
フライフィッシングをイメージした曲やブルースなどの12曲すべてがアコギ1本によるフィンガースタイルギターミュージック 中でも「イブニングライズ」という曲を聴いていると ホントにフライを知らない人が作ったのかナァ と思ってしまう程の出来 
あまりに気に入ってバンドスコアまで入手したけど 全曲クリアはいつのことやら ・・・
で とっくに解禁したのにナカナカ行けない日々を 通勤の行き帰りで聴きながら 頭の中で行っちゃってます(笑)
エ~!!!

←ありえないでしょ?