2006.08.31 夏の終わり
江ノ島☆ プチツー

夏の終わりを感じたくて R134を走ってきた

高校生の夏「バイク乗り」に仲間入りしたのが嬉しくて

この路を 行ったりきたり したっけ

昔も今も変わらない湘南 賑やかな喧騒の中

チョットだけ 寂しさが見え隠れする この季節・・・

←(江ノ島 ベストビュウは水着のおねえちゃんだらけで 
         携帯カメラ向けるにはとても勇気が・・・ )

やっぱかっこいい~
コンビニから出て ハッと した・・・(今更だけど)

やっぱり惚れ込んだだけのことはある

バツグンのバランス 息を飲む美しさ 

君は忠実な バイエルン

なのに何故? 時々芽生える 浮気心は・・・

でもまだ 当分は安心して いいよ

次の車検もオレが取ってあげるから

スポンサーサイト
☆今年も行けることになった これだけ続くともう惰性ですネ 数年前はえらく意気込んで計画立ててたけど 最近では行き当たりばったり  まァそれもバイク乗りらしくて良いかナ なんて・・・ツーリングが楽しくなくなった訳ではなく ただ年とともにひねくれてきただけ?かナ

渋滞☆仕事も定時に終わり 無事出発 なのだけど パッキング用のゴムネットがダメになっていたので世田谷のナップスに寄って買い換えて行く事に バイクはパッキングが完璧じゃないとネ 
用賀から首都高3号線に乗る 事前情報で環8は工事渋滞しているらしく ここ数年は外環から東北道へ入っていたけど今回は久々に首都高を突っ切る  で やっぱり渋滞 向島6号線 ここいつもなんだよナ こんだけ詰まるとバイクでも辛い 暑いし息苦しい  東北道に入ったのは出発から2時間後だった 渋滞の首都高から東北道にスイッチすると空気までもがみずみずしく変わって行く感じがする  料金所を抜けると少し気合が入り でもこれから何百キロもあるんだヨ と思うと力が抜けて結局いつもどおり ダラダラ~っと行くか(笑) 気にはなってたけどバイクがあまりいないナァ   那須高原SAなんか寂しい SAのパーキングでバイクは自分1台なんて事今迄無かったからナァ  話し相手も居ないし只1人佇む・・・ チョット尻痛くなってきた 福島に入ると気温も下がってきて夏用のジャケットでは辛くなり秋物に換え グローブもメッシュではないものに 
☆2時頃目的の国見SAに到着 レストラン裏の屋根付きベンチへ ここは穴場で休憩で立ち寄った人もここまでは来ない ほぼ毎回独占できる 

ここまで走れば明日も楽だし時間的にもたっぷり寝ることができる バイクに積んだ荷物からマットとシュラフだけ持ってきて おやすみなさいzzz


いつもの場所☆朝6時起床 このベンチにはもう何年も世話になってるけどなぜか毎回ここでは熟睡できる もう福島のはずれまで来てるのだからそろそろ予定を立てなくちゃ でも走りながらも考えがまとまらない まァいつもの事だナ 夕べはどうもバイクが少ないなァと思っていたけど 暖かくなるにつれて増えてきた 夜のうちから走り始める人が少なくなったのかナ? いかにもアウトローっぽい外見のハーレー乗りがメット脱いだら白髪なんて 自分的にはホッとしたりして(笑)


何だっけ?☆取りあえず一関で東北道を降りて栗駒峠を目指す 途中 何て云ったっけ?景勝地に寄った あまり興味無し・・・ 先を急ぐ が 大変な事に気が付いた 高速を降りてから給油していない すでに300k以上走っているので入れなくてはいけないのに これから先は地図で確認する限りGSはまず無い・・・なんてこった! 来た道をまた数十キロ戻るはめに あ~ァ調子良く走っていたのに
結局一関ICまで戻って漸くスタンドがあった もう戻る気にもなれず また東北道に入り北上する 

暑ゥ~☆陽も高くなってきて 尻痛に耐え ジャズを聴きながら走っても眠気が襲ってくる SAでガムやアイスを買って気を紛らわす でも同じバイク乗り同士の情報交換なんかは楽しく 一人旅の気持ちも和んだりする やっぱりソロ同士は気持ちも通いやすい 過去にそんなふうにして知り合ったライダーが何人居ただろうか♪




☆盛岡ICで降りて素直に今日のキャンプ地へ行く事にした その前に食料調達 ICのすぐ隣 前から気になってたんだイオン いや~地方のスーパーはおしゃれだし でかいネ!こんなに便利なお店があるなら 好きな川がそこらじゅうにある盛岡に住みたいナァ!(笑)本気でそう思うヨ 

あねっ娘☆あとはお約束 いつもの温泉「雫石あねっ娘」へ ここは道の駅だけど温泉とキャンプ場付き 大好きな葛根田川や志戸前川がすぐそこに流れる抜群なロケーション! ここができた時は感動したヨ だって建設中からそんな施設だったらいいのにナ なんて釣友と話してたからネ 今日は温泉だけ入って秋田に移動 




鶴の湯
☆で 田沢湖高原乳頭温泉キャンプ場へ いそいでテン張って先達川へ ただ やっぱりというか 天候が怪しくなってきた 川に入った頃からゴロゴロと雷が 空も暗くなりピカピカッと グラファイトの竿だからヤバいんだよナ 大粒の雨もボタボタッと・・・結局核心部の手前までやって退散 アタリもあったしやる気はありそう こんな空模様は爆釣できそうだけど 雷が気になってフライに集中できそうに無いから 今日は偵察ってことで諦めよう 



ワッ!飯焦げた・・☆テン場に帰ると思った程雨脚はひどくならなかった   ナ~ンダ 損した・・・ 米炊くのだって 久々に失敗しちゃったヨ~ 
今夜も少しのお酒で一人酔っ払い アッという間に深~い眠りにつくのでした あ~ 眠る時って幸せ 魚釣れてたらもっと幸せなのに~

撤収☆熊?
5時には起床 撤収に手間取り 7時過ぎ乳頭キャンプ場を後にする 夕べのリベンジでまた先達川へ 今日は天気も良いし問題無しっ! て思ったんだけどネ この時は・・・
イマイチ反応が悪いなァ なんて思いながらも今日はたっぷり時間もあるし かなり手前から釣り上がって行くと 何やら15メートル程上流に動くものが・・・ 熊だヨ~!! 一瞬お互い見つめあって 逃げ出す ほぼ同時だったようナ でも 気が付いたら逃げながら腰の熊避けのベルを鳴らしてた・・・ 相手が逃げるのが見えたのでチョット強気になったのか あともう少しだけ釣りしようかナ?とも思い その後少しやったけど やはりそれより上には行く気がしなくて 15cm程の岩魚が釣れたのをきっかけにゲームオーバー なにしろここは川と林道が平行していないし上はどんどん暗くなる渓で 乳頭温泉のおじさんからも 熊いっぱい居るゾって言われてたんだよネ 仕方ないネ ・・・
ゲームオーバー
☆とにかく今日はこの川をたっぷりやるつもりだったのに これじゃあネ 力なく釣り道具を仕舞い着替える 鶴の湯へのお客さんが車で通り 釣れますか?とか 何が釣れるんですか?とか 聞かれるたびに はァ と虚しい返事を繰り返し 途方に暮れる・・・今日は諦めてツーリングかナ でもどこ走ろう? 天気も良さそうだし ただ走るだけでも楽しいかもネ



田沢湖☆取りあえず田沢湖に行ってみた いつ見ても綺麗な水色をした湖だ 自分の中では マイベストレイクかナ ・・・なんとなく去年と同じ路を行くことに決めた! 秋田の105号線 阿仁を通り大館から青森に入る とても気持ちのいい路だった・・・昔 葛根田で会った釣り人は阿仁川で熊と接近遭遇してしまい 葛根田に ここなら遭わないですむだろうと逃げてきたと云っていた でも今はどこにでも出るからネ・・・
 


阿仁マタギ
☆「阿仁マタギ」という駅名があった なんか観光地的だナ・・・








ホームでこの奥に打当川が流れている これがまたCR(キャッチ&リリース)になっていて 渓相を観に行ったが 水色もその気になれず ここで釣りをするのはやめておいた
淡々と走る それだけで楽しい路だ 大館の街に入る手前から雨になった 時々強く降る レインを着たり脱いだり 蒸し暑い・・・
丁度脱いで走っている時ザバァー!っと来て そこにマックがあったので非難 ついでにランチ・・ツーリング先でもファーストフードかヨ とは思ったけど 何処で入っても同じサービスが得られるのは安心かナ 携帯もバッテリーが切れ気味だったのでバイクのバッテリーからチャージした  だいぶのんびりしてしまったので 地図を確認して出発 エアコンの快適さからは去りがたかった 夏のカッパは蒸れて辛い それに雨男だからナ おれ・・・
前方にツーリングバイクをとらえた W600かナ? ゆっくり走っていたのですぐに追いついた 振り分けバックの片方のカバーが異様にバタついている しっかり着いていないようだ ひとごとながらに気になる 巻き込んだら危ないヨ ・・・信号でお互いべつな方向にウインカーを出して停車 「バタついてるの スゲー気になるんだけど 大丈夫?」 シールドを上げ「ありがとうございます 大丈夫です!」・・・・あれまっ 女の子かい それも チョット可愛い あァ 無理にでも止めて 直してあげればよかった!
隣は奥羽本線☆青森と秋田の県境 矢立峠越え またまた怪しい雲行きに レインを着込む ア~暑い(汗) たしか去年もこの峠越えは豪雨に見舞われた覚えが・・・
大鰐ICを過ぎて道の駅でしばし考える たしか今夜は妻の実家に寄る予定だけど まだ時間的に早すぎる この雨だとあまり期待は出来ないけど どこかでイブニングの釣りを・・・(釣り人は諦めが悪い・・)




浅瀬石川102号線を飛ばして八甲田方面へ あちこちの川を見てまわるがどこも濁流と化している









コッワ~!決定的だったのは 浅瀬石川の切明の橋から流れを見た時 恐すぎ・・・他の枝沢もアッという間に濁りが入っていった ア~ァ ついていない 
今日はろくに釣りして無いじゃん!(いつの間にかツーリングより釣りがメインに・・・)





☆妻の実家を朝6時に出発して 取りあえず何処に行こうか考えもまとまらず 東北道に乗ってしまい でわ津軽SAでたまには朝食をと思っていたら レストランは8時からだった また思うようにいかない・・ とにかく地図を見てみるが途方に暮れる・・・走っていないラインを減らすために まず八戸から三陸を南下しよう! なんて思ったのも束の間 大鰐ICを降りて454号線で峠超えして102号線で十和田湖に行く手前で浅瀬石川が気になってしまい温川温泉あたりで入渓・・やはり前日の濁りは取れきって無くて釣り所で無い! 当たり前か・・・このまま八甲田を去りがたいしナ 少しこのあたりを徘徊する事に・・・
たか~い!!☆城ヶ倉大橋
この橋が出来たおかげでかなり便利になったはず 昔この峪を超えるのにえらい苦労した ダートのつづれおりでろくにガードレールも無く 勾配がきついので一旦停まったら 再発進不可能 みたいナ でもいくら峪が深いからって 飛び降りたらダメだよネ そんな勇気あったらなんでもやり直し出来るのにナ・・・ここ結構 出るらしい だからここを夜通過する時は何も見ないようにして走り去るんだ(怖)・・・


ここで遭難したらしい☆雪中行軍
明治35年 雪中の軍事演習で199名が凍死した 昔この出来事に興味を持ち何度もこの地を訪れたことがある 今となっては信じられないような装備で挑んだ作戦は指揮系統の乱れから最悪の結果を残した 百年以上経った今の時代でも決して在り得ない事の無い人間心理のもたらした大惨事ですネ  それにしてもこの像のモデルになった人物は助けを呼びに行って力尽きこの場に屹立したまま気を失い 数時間後にまた蘇生したと云う! なんという生命力! そんな人になりたい!
秘密の場所☆グダリ沼
私は知らなかったけど有名な伝説がある沼らしい 解りにくい場所にあるので数年前に始めて訪れた時は随分探し回った
岩魚がのんびり昼寝でもしているのが見えるが なにぶんバイカ藻やクレソンが群生してフライには不向き 初めて来て挑戦した時もズブズブとウェーディングしながらフッキングした岩魚はバイカ藻に潜り込まれてアウトだった・・ 今回はここに来たかっただけなので 神秘的な沼のほとりでお弁当だけ食べて立ち去った

神秘的
なんか本日の予定もかなり怪しくなったので もう投げやりに 八戸から一気に雫石に向かうことにする  途中久々に初めての路を通り多少満足 地図が古くて勘違いしていたが下田百石と云う町から八戸道は繋がっていた チョット徳した気分・・
八戸道も久しぶりに走るナ 交通量の少なさがいい 八幡平周辺はいっつも降られるんだよナ なんて思っていたらやっぱりと云うか・・・本線上のエスケープゾーンで慌ててカッパの人になる(トホホ)蒸し暑い・・・

☆葛根田渓流
盛岡ICに降りた頃にはドピーカン コンビニで今夜の食料を調達して いつもの相ノ沢キャンプ場に向かう テントを立てたら即渓に かって知ったる葛根田川! もう何年も通う大好きな川だ 数年前に雫石地震で林道が不通になり2年程入れなくなって その後やっと入って岩魚を釣った時は涙が出る程嬉しかった そんな葛根田 どうかナ 今年は? 
いつもどおりバイクを止めて着替える イブニングのこの瞬間がなんとなく好きだ 人の気配も無い暮れなずむ渓で1人期待と不安・・・玄武洞の渓相はまた少し様子が変わったようだ あんな大石が目立つ渓だけどここ葛根田もやはり暴れ川なんだろうナ 今回は若干減水気味 ここなら川原も広いし熊の心配も要らないからのんびりイブニングを楽しめるナ なんて思ったんだけど・・・ めでたく尺オーバー! 割と早いうちに魚影を見つけて しつこくフライを流すと出た 強い引きに耐えながらもランディングすると31cmの岩魚! このためにここまで来たんだヨ!
☆また ですか・・・
暗くなる頃にもう一つ追加して 渓から上がった 
月明かりとヘッドライトで着替えをしてたら 山の中から何かの獣の鳴き声が(な何だよォ?)・・いつか釣友とここに来た時対岸の崖に人の顔が見える・・なんて 変な事ばっか言うんだよナ 暗い林道での帰り支度がまた苦手でネェ 車なら道具ほおり込んで乗ってしまえばゾンビが出ても恐くないけどバイクだと走り出すまではネェ こんな時の対処法を行き着けの釣具屋のニイチャンから聞いた事がある 恐い時は自分がうんと恐い顔をするって・・・子供だましみたいだけど けっこう効くんだナこれが バカらしくなって笑えるから・・・
支度を済ませてバイクで数メートル走った時 前方になにやら 黒い影が・・それも三つ
親子連れの熊が林道を無理やり横断するところだった 親熊はサッサと山に逃げ込んだのに小熊2頭は何を思ったか バイクに向かって来る!! 急ブレーキの末後数センチの差で避け切れたが 熊の息使いさえ聞こえる距離だった ぶつかってたらどうしただろう ・・・しかし転ばなくて良かったヨ 数十メートル走ってから気を取り直すために停車  気が付いたらウインカーが情けなく チッパチッパチッパ  と 咄嗟に威嚇のためにホーンを鳴らしたつもりだったんだけど  動揺するってこういう事ネ 昨日よりビックリしました・・・

後は酔っ払って寝るだけなんか脱力感でバイクを運転して 温泉へ もうお腹ぺこぺこだヨ 買い込んであったお酒を飲みながら 今夜のご飯はうまく炊けたなァなんて 飲んだり食べたりが記憶に残らないまま寝てしまったようです お疲れだったのネ とっても・・・・・
網張高原ロード☆5時には起床テント撤収 いつものように朝飯抜きで渓に向かう 朝靄に煙る草原を快調に飛ばす 頭の片隅に夕べの事があるので必要以上に回転を上げてガーガー飛ばす! このスピードでぶつかったら 只じゃ済まないナ なんて思いながらも すでに釣る事しか考えていない





玄武洞☆この時期 イブニングはいいけど朝はなア・・・そこそこあたりはあるけど上手くフライをくわえる事ができない様子 それともすれてるのかナ?
流れるフライを追う影は見えるのに だんだん雑なキャストになっていく・・・そして集中も途切れ雑念が頭の中をグルグルと・・・





岩魚ちゃん25位かナ☆気が散ってキョロキョロとよそ見をしたり そんな時に限りアタリが来ると云う悪循環にウンザリ・・・
それでもなんとか一つは釣った このくらいのサイズでもここの岩魚は引くんだよネ(ヒヒヒ) だから毎年来るんだナ
もう今回はこれでゲームオーバー いつもならまた少し走ってイブニングの川をやって夜通し走り明け方に東京入りするのだけど あと残りの休日1日は急用ができたので帰ることにする 
また汗をかいてしまったので「お山の湯」に寄って 昼過ぎに東北道に乗り ひたすら走る 音楽を聴くには100km以下を維持しないと聞き取れないので のんびり行くことにする 今日はボサノバだナ♪
いつもの事だけど高速道の移動中はタップリ考え事が出来て良かったり悪かったり・・今回はあまり善からぬ事ばかり考えてたかナ せっかく遊んでいても違うことに気持ちが行ってしまう そんな年頃になったのかナ(苦笑)
 
結構強い雨☆また雨にやられた 福島松川あたり・・・同じ方向に走ってるバイクは何度か同時に休憩を入れるので いつしか連帯感が生まれて 愚痴の一つもこぼし合う 「まったく良く降る・・でもカッパ着ると止むんだぜ」







身に染みるゼ・・・☆結局レインを着たり脱いだりをしている間にいつしか夏らしい夕暮れ空に・・・・
のんびり走ったので帰宅は11時過ぎに あ~ア 終わった また来年走れるかナ~・・・今回の総走行距離1999km