☆今年から多少休日を変更したので 今日の水曜 SS設定あり で当然 出撃!
足首イタタ!
←ステップ位置 再考の必要あり
  足首が辛過ぎ! 
やはりエキパイが太くなった為 ステップが外に追いやられて かなり 足元に違和感が ステップバーを上げる事で多少解決したかナ と期待したのだけど やはり・・・ ステップ位置はポジションに影響大だからネー ん~ ど~するかナ?・・




☆今日は4本
今日こそ 久しぶりにSSを走れる 前回の転倒から1ヵ月が過ぎて 肩の痛みは治らないが ついでに50肩にでもなったかナ と思うことにしてる 
またここ数日風邪気味だけど 早朝からスッキリと目覚め 迷う事なく出かける
 今朝は東名を使い早めにFSWに到着 今日はわりと暖かだったですネ
SSのメンバーはだいだい顔見知りの方たちで6~7台 10:30から14:30まで4本
1本目はカウルの取り付けに手惑い 見逃し  あのカウル 下側のボルト なんとかなりませんかネ すごく付け辛いんですけど!
gamute
←ガムテ仕様
  ちゃんとリペアするつもりだったんですけど これでいいかナ・・・なんて
東急ハンズでリペアキット買ってきたんだけど なかなかその気にならなくて ガムテープをペタペタ・・・今日の皆さんからも「去年のピカピカより 程好く年季が入って カッコ良くなりましたネ」 なんて言われ  「ですよネ!」 なんてその気になったりして・・・


☆バッテリーあがり
なんとかカウルも装着して さあ2本目から! と思ったら セルが回りません・・・たった1年なのに あがってしまったの?!  結局 クルマにケーブルを入れてあったので バッテリーは生き返りましたが 時間内に走行できずB券をパァにしてしまいました  最初は違う原因を考えて色々観察してみたんですけど (まァ だからと云って何もできないんですけどネ) 
もっと早くバッテリーチャージしてれば・・・あ~あ もったいナ
午後1時からの2本は 問題無く 走れました   最初はやっぱりグリップ感が無くて 恐怖の数周でしたが 後半は快調でしたネ 思った通り 1~2コーナーから3コーナーの切り返しは軽く 少し速くなったかも って 思っちゃいましたヨ  今回はラップは取りませんでしたが 楽しく走れたので 満足でした! 
帰りに ライセンスの更新と(たかいネェ・・・) 3・19のドリームレッスンの申し込みを
どんなレッスン? 聞いても要領を得ず・・・まいいや FSWライセンス保持者対象 レーシングコース2本とランチ付き(って言ってたよナ?) で5000円!!
スポンサーサイト
2008.02.09 懐かしい映画
max.☆マッド・マックス
去年の暮れにBSで「マッド・マックス」をやっていて あまりの懐かしさに夢中になって観てしまいました・・・これ 邦題にすると「凄く怒ってる」てことなの?
ストーリーは東映時代劇のように とてもスタンダートな復讐劇で ただ物語の背景や雰囲気が独特で アメリカやヨーロッパの映画とはまったく違う匂いがしている 
実はかなりの低予算製作で 当時オーストラリアでは暴走族が社会的にも問題になっていたため 制作費も国からの援助があったようで その興行利益との差額はつい最近までギネスものだったらしいですネ     

で この映画の良いところは 登場するバイク達は殆んどが日本製の4発で 低目なハンドルとバックステップ そしてカウル付き と云う 日本の暴走族イメージとはだいぶ異なっていて 私好みなセンス!  当時の私も ホンダのCB750Fと云う 自分のバイク歴では唯一のインラインフォーに乗っていた頃だった  でもこの映画を観た後はカワサキに買い換えようかと 本気で思った記憶がある カワサキは思いとどまったものの セパハンとアッパーカウルだけは 慌てて付け変えてみた・・・(結構その気になってたようです) 

GOOSE-MFP

GOOSE-↑良く見れば一文字
←やたら後ろナ バックステップ

インターセプターなんかより このZ1のが 断然カッコ良く 見えたナ



☆カワサキと云えば 
マックスの同僚グースがZ1を駆るシーンが印象的でしたネ   
拘り感有り気ナ始動から  テールを振りながらのロケットスタート  そして草原の一本道を全開走行 さほどバンクして走るわけではないけど 迫力のあるシーンだ  実速は180kmだったらしいです    もしかしたら 主人公のマックスより かっこよかったかも ですネ・・・


暴走族のリーダー トゥーカッターも 味のあるバイクとなかなかのファッションセンスで良かった  そしてグースの次に私が気に入っているのが 暴走族のナンバーツーで トゥーカッターより 悪のオーラが出まくりナ 金髪のババ ・・・(語尾上げて ババ ネ) 私が昔からずっとミラーシールドを愛用しているのは この人の影響ですネ(きっぱり)

あの頃 私のようにこの映画に 少なからず影響を受けたバイク乗りは多かったはず  数年後 とあるバイクウェアメーカーが マックスのようなバトルスーツを売りだし それに身を包んだ (男!)カワサキ党を 当時多く見たけど 後で本人も ヤッチャッタ!って 思ったろうナ ・・・
 
マイフェイバリットムービーは? って聞かれる度に「ローマの休日」(ヘップバーン大好き!)って答えていたけど ほんと云うと この「マッドマックス」が マイフェイバリットなのかも? チョット B級だけどネ・・・ 
2008.02.04 趣向の違い?
☆ハーレー乗り
正月に 箱根へツーリングに行った帰りだった  箱根新道の下りで  「ヒ~背中が限界っ!」と 料金所手前の休憩所で749Rを停め 暖かい飲み物を買って一息入れた  
隣のベンチには もう1人 バイク乗り わたくしと同じような年齢の ハーレー乗り   

新道を下っている時に はるか前方で妙なライディングフォームで走る2輪がいるのは 知っていた  それにしても 驚くほど高い所にハンドルグリップがある  

私 昔からこの手のバイクにまったく興味がないのが自慢  当然レプリカは大好きだけど 例えば パリダカを走る傷と埃だらけのラリーバイクや ツーリングで荷物満載になって旅の汚れが染み付いたツアラーも大好き やっぱり機能美と云うものを感じる  でもアメリカンって  否定はしないけど 良さが解らない・・・

そのライダー いかにもなファッション ロングヘアを束ねてアウトロー風 で当然ライダースーツではない皮の上下  お互い バイクをそれとなく観察してる雰囲気・・・・

突然 意を決したように私に話しかける 彼  (エッ? 話噛まないと 思うヨ・・・)
まるで高速SAに居る 観光客のような 質問が続く おいくら万円? 何百最高速? (ほんとに あんたバイク乗り?)  とうぜん話も膨らまない でもひるまないアウトロー

聞き慣れぬ であろう答えを繰り返す私に 理解不能な アウトロー・・・ 
ひとしきり質問が終わって (ほら 無理でしょ) 

変な空気とバツの悪い沈黙に耐え切れず 私が質問・・・ 堰を切ったように話し始めたアウトロー  殆んど何を言っていたのか 忘れてしまったけど  エッ そんな物にそんな金額を!? (人の事云えないけど) 

要するに凄くお金がかかったバイクだと云うことらしい (そのパーツの機能全てがヒャクパ見た目のみ)・・・
聞いているフリしてる間 「このバイクで 膝擦りしたらたら ・・・ ヒヒヒ」 なんて妄想にふけって 半笑いだった私 ごめんネ アウトロー

ようやく開放されて 私が走り去る時 彼は親指を立てて(中指でなくて良かった)爽やかな笑顔で見送ってくれた  こんなお見送りへの 返し方を私は知らない・・・ 
ツンツン足で シールドを開けて コクンとうなずくのが やっとだった

小田原厚木道路を走りながら 同じバイク乗りでも 恐ろしく価値観の違う事ってあるんだナ と感心したり・・
自分のバイクに対する散財の方向性は間違ってなかったナ と確信を持った出来事でした  
2008.02.03 雪です・・・
雪の世田道☆とうとう 降りましたネ 雪・・ 
こんな日は商売上がったり 坂の多いこの街は雪が積ると大変  でも予約頂いていたお客様は皆さん キャンセルも無く なんとか来店頂きました ありがたいものです 感謝! 
話は変わって FSWでは もっと積っているんでしょうネ  まだ左の肩が痛みます インターバルと云うことで もう少し のんびり・・・ 皆さん平等に走れないのは なんか 安心しません? 早く ポカポカな春 来ませんかネ この際 花粉症なんか 関係ナイっす!