2009.09.29 停滞
s-IMG_0583.jpg☆通常の筑波サーキットは火曜日定休のハズなのだけど 29日午後 珍しくA枠設定があったので 速攻予約!    取り合えず朝のうちに到着して L枠先導付きなどの走りを観て時間を潰す  

やはりこのクラスから始めるのが正しい選択なんだろうナ~

天候がとても微妙だったのだけど 心配していたとおり A枠走行の頃から降り始めてしまいました・・・

降りそうな時ってだいたいがこんなパターンですよネ でもシールドに雨粒はぶつかるが 路面はウエットにはならない程度  

そんな中 テイストの練習らしきネイキッドに1コーナー進入時 凄い風圧と共にパスされて目の前でスネークされると・・・あれは本人的には 余裕?それとも ヤベー!! どっちなんだろう? 怖すぎです  

急な当月予約だったので台数はそれなり  クリアは取れましたがベストを超える走りではないのは ラップを見なくても解る  各コーナーの繋がりが良くても 最終コーナーで同じようなタイムの前走者に阻まれてしまったりして・・・ でもタイヤもそろそろだし フォームも変えているので無理は禁物かナ って事で

だけど まぁ 悪い癖は改善できたようですがおおむね停滞ってとこでしょうかネ
放物線のように 奥で曲がって 早く開ける・・・  難しいネ~

スポンサーサイト
s-IMG_0582.jpg☆ガックリです
今日は祝日なので渋滞も予想されたけど 久し振りにレーシングコースベスト更新を目指し 気合十分で出発! なのに・・・
1本目のノーマル枠だけ走るつもりで ウォーマーを巻いて5分ほどすると なんとタイヤからケムリが ウォーマーが焼けて穴が空いてしまいました 仕方なく前だけ温めて出走です   1コーナーをやり過ごして 全開! リアタイヤは冷めてるのを忘れてコカコーラコーナー 普通に倒しこんだら ずるっ! 100Rでもグリップする気がしない なんかウニウニして違和感 冷めてるのだけが原因では無い気がして 取り合えずピットへ  空気圧を観ても問題なし でもクラッチカバーからオイルが そういえば修理しなくちゃって 思っていたんだよナ・・・
再度コースインしたが もう怖くてダメ 膝擦るまでなんてとても倒しこめない ナンバー付きツアラーの方達にバンバン抜かれます  散々悩んだファイナルも14-36に落ち着いたけど やっぱRコースストレートは長い  250看板手前で吹け切ります ア~ァ です
後半なんとかペースアップしたけど もうテンション下がってしまい2分10秒でさえ走れません
帰りは事故で大渋滞している東名にウンザリしながら 西田モータースへと

と云う訳で う~~ん Rコースライセンス来期の更新 どうするかナ~~~?
2009.09.16 復調の兆し?
s-IMG_0581.jpg DUCATI な方々とご一緒です  あれあれ? 西田さん ポールスマートじゃなくて NewモンスターでDカップ走るんですか? 二輪誌「D.B」から借りたこの車両 すでにスタンホープ色に変更がなされて ノーマルより シャープに見えますネ
今回もDUCAマスターな方達の走りが観れるのでラッキー  なので私はS字正面に近い場所にトランポを停めて・・・  カップが近いので 今日はDUCA率がちょっと高めですかネェ
s-24.jpg 前回の走行会で西田さんに乗ってもらい 色々な事が気になりました その一つがこれ ステップの踏み方 以前聞いた事はあったのですが 実際に観ると  あぁこんな感じなのかぁ  私がこれしたら絶対に足 攣るな  って だってCX切り替えしでの私の足攣り率と云ったら・・・ 
イン側はあんなに内側に乗せてるんですネ ステップの先端が余ってます  私の場合はステップの先っぽにつま先(親指の付け根)を引っ掛ける感じなので ブーツ先端がバンク角の邪魔をしていたんです  それにかなり後ろ乗り・・・ 自分がこのフォームになるのは無理だし 体型的事情もあるだろうけど  取り合えず パクリましょー

と云うことで 今回入念にストレッチをして走行に臨みました  いつもは気が付いたらもう走行時間でドタバタで出走・・・ 改めましょうネ ストレッチは重要です!
前回の後半から少し良い感触になって来てたので 今日は超ポジティブに 転んだ事なんて忘れて走ってみます  

失速しないでバンクしながらの制動が出来たし 足も攣る事無く ブーツの金属スライダーだけ擦って特につま先がバンクの邪魔をしている感じではなかったです  下半身のシックリ感はストレッチさえ完璧なら このほうがいいかも です
タイムはベストにかなり近付いてきました それに悩みながらムキになって走っていた時より 疲れを感じずにチェッカーまで頑張れましたネ

やはり自分にとってスランプは必要だったのでしょう 回数を重ねる事によって自然にカラダが覚えた走りはひとたびつまずくと どんなふうに走っていたのか解らず戻るキッカケがつかめない  でも今回は頭でイメージして考えながらもチカラを抜いた走りができた結果のタイムだと思います    まだまだ時間はあるので焦らずに少しづつ刻んでいきますか・・・そんなスタンスがいいようです
s-IMG_0580.jpgクラス別シールが2枚貼ってあるのは 試乗をお願いしたためです














そう云えば 前回より 漸くペイント補修から返って来たアッパーカウルを付けてます 1眼だけ開けたライトの穴をふさぎゼッケンベースのペイントも変えてみました どうでしょう?
KDCのゼッケンベースを付けたノーマルに慣れてしまい 忘れてしまうところでしたが 折角だから使用開始です コケませんよーに!(笑)s-IMG_0574.jpg 

















どうやら今月のDカップにて 西田さんは ドカティバイクス永山編集長のポールスマートでマスタークラスを走るようです 今日はそのためのセッティングのようで 
午前に2本走行したとき 何度か追走して頂き 後ろから飛び乗って肩を揉んでさし上げたかったです! と言われてしまう程の私だったようです・・・

そして午後 試乗前にしっかりとレクチャー頂き 749Rを西田さんが乗り 私は1ヘアの入りを正面から見える所で学習です  
レコードラインを超スムーズに毎周変わりなく走ります とにかくバイクが起きている事が無いです 綺麗なターンの繋がり 筑波で真っ直ぐ走るのは裏直だけ だそうで・・・

走行後も色々な説明をして頂き わかり易かったです 何よりも自分のバイクで見せてもらえたので とてもイメージし易かったですネ まったく眼から鱗です
それにしても 試乗後 開口一番 ガソリン満タンじゃあ無いですよネ? イヤ~ 水冷 重もっ!・・・  やっぱ空冷屋さんなんですネェ

で 3本目 ちからを抜いて先ほど見せられた滑らかな走りを自分にイメージしてコーナーに入ります わずかながら転倒前の侵入速度に近付いて コーナーの入りもイメージ通りになってきてるよう 以前は無意識に進入バンクしながらのブレーキングができていたのに (これは散々走った富士ショートで学んだ筈なのに) 転倒後はとにかく全開 バンク前に突っ張ったようにブレーキング 失速状態で侵入 遠いクリップまで何もできない・・・そんな状態になって なぜかそれに気付かなかったんですネ 

ベストには程遠いタイムながらも 少~しだけ明かりが見えたようナ 走行自体が少し憂鬱になっていたけど 焦らずに矯正していける糸口が見つかったような気がします
今回 西田さんに乗ってもらい コルセエボルツォーネの爆音をギャラリー側から聴けて 初めてとても好い音に思えました♪ 私もさっさと立ち直って 速めにクリップに付けて全開加速でコルセサウンドを官能したいもんです!

ご一緒した 茶太郎さん masa★さん T本さん 唯一の筑波ライセンス持ちの私が1番 遅いって・・・
ひっじょ~うに ヤバイです!(汗)