s-DSC_0011.jpg今日の休日も早起きをしてFSWに向かう
実は少し二日酔い状態 ま、ショートサーキット走って汗を流せば 回復するだろう と到着後せっせと支度をするが 9時30分からの1本目は早々に諦めて のんびりモードに

久々に常連の方々と今シーズン初の近況報告などをして 2本目からを走る 今回の台数は7~8台
そろそろここもベスト更新しなくては とは思っても 前回使えなかった最終コーナーが今回は整備済みで従来のラインに戻っていました  とは云ってもでっかいパッチが二つレコードライン上に横たわっていてなんか不安・・・
それに台風の雨で流れたであろう泥水が強風に煽られてホコリになっているようで コース上は微妙に滑りそう 朝いちを走らなくて正解だったかも  

間にあった4輪クラスの走行でライン上が奇麗になった2本目からが 私の今日の1本目走行   最初は不安に駆られて開けられず走行も後半には慣れてきて パッチの隙間をトレースすればなかなか良い感じに走れる事が判明
それにしても 相変わらずインに付けない走りで我ながら 情けない
各コーナーもうちょいインベタを走ればもっとスムーズに走れるのかナ やはり楽しく流してるだけだといつものタイムからは抜け出せないのか・・・


きょうは昼前の2本だけ走って午後からのレーシングコースを見学に行き また顔見知りの方達とひとしきり近況報告等をして 帰路へ  朝のショートサーキットでは晴天だったけど 午後のレーシングコースは陽が陰り風も強く 明日には6月と思えない寒さでした
今日はショートとレーシングの両方設定されてたけど すでに6時間超えのタイヤの都合でショートだけにしてよかった  レーシングを走るつもりで行って あの天候だったらテンション下がってたろうナ

それにしても レーシングコース いつ走ろう・・・・
スポンサーサイト
s-DSCF2191.jpgなんだか久々のヘルメット使ってみた すでに2回ヒットしてるやつだけどまァいいや・・・


それにしてもこうしてみるとかなりくたびれてきたネ オレの749R・・・
写真で観ると解らないけど ケッコウぼろぼろッポイ
今日の他の方達のバイクが輝いてみえる (本日顔見知りはゼロ)




またまた 富士ショートです 今回最終コーナーが一つ奥のラインに変更されてましたネ いつものラインは路面が剥がれてるっぽかった 奥のラインに誘導するようにパイロンを設置してあったけど何も知らずに進入  結果 パイロンを蹴散らしてしまった あぶねーナ~   でも私的にはこのラインのが走りやすい 気持ちい~
ただ ひとこと言ってくれればいいのに・・・ 自分の見落としかナ? と思いアチコチ見回してもなんの告知もないじゃん! まったく・・・

s-DSCF2189.jpg 今日1本目走り終わったら 偶然ジャスト1万キロ! スパナマーク点滅してます・・・点検する?

たった2年で車検を取るのやめてからどんだけ? たしか2~3000キロくらいから公道を走ってないはず で1万キロって もう? なのか やっと! なのか 判断つきにくい
たしかなのは 今話題のOHに確実に近付いてるってこと・・・・




s-DSCF2192.jpgでもやっぱ富士ショート楽しい 天気も良かったし  走る程に楽しさが増す タイムは相変わらずだけど また頑張ろう!って思う  筑波は今回天候に恵まれず キャンセル続きですがネ  今年も富士ライセンス更新して 良かったヨ けど6月~8月の富士  火曜日は定休日っぽい・・・ 


s-XL250S.jpg☆HONDA XL250S
このバイクは 本当にオートバイにのめり込むきっかけになった1台だと思う
バイクに復帰初のCBは ただ漠然とツーリングで走り回るだけの使い方で やはり久々のバイクなのに手に余るパッフォーマンスは日増しにストレスを感じるようになったみたいで・・・ 
次に入手したのがこれ マルチの750ccからいきなり250単気筒に

実は10代の頃初めて自分で買ったバイクがKAWASAKIのTRー125 と云う単気筒のオフロード車だった  当時のOFF車はツーサイクルが主流で YAMAHAのDTー250なんかがこのカテゴリーでは人気だった  2サイクルでも4サイクルでも単気筒エンジンの鼓動感が結構好きで そんな過去の記憶で このバイクを買ったのかもしれない

これに乗るようになって のんびり走る楽しさを知るようになったし 林道ではダート走りの奥深さを知り  しかし転倒もこれで何度も経験することとなった 
必要にせまられて防具を付けて走るようになったが  公道である林道を 交通量が少ないと云えど 転ぶほどの走り方をするなんて・・・今思うと凄く反省してます  でもラリー車(4輪)も結構走っていて 2輪よりも派手に走る彼らと鉢合わせするのはかなり恐怖だった 


この写真は12月初旬の富士5合目  滝沢林道を上って行くと雪道になり この場所は強風のため雪深くはないが 途中はリアのトラクションが無くなり 両足をバタバタさせながら佐藤小屋に着く頃には着膨れの中は汗だくになっていた 
雪中訓練をしていた大学の山岳部がバイクで来たことに驚いて 氷点下15度ですよ と言われこっちが驚いたりした    持参した水筒のお茶は瞬時にぬるくなってしまうし 行動食のつもりの焼餅も硬くなって咬むのに難儀した なによりほんの数分の休憩中グローブを脱いだ手が直ぐ感覚がなくなり 慌てて下山した 
下りは寒さで体が緊張してタイヤを雪に取られるが フロント23インチと云うバツグンの直進安定性に助けられなんとか転ばず やっと御殿場から東名に乗って 寒さに震えながら帰路に着いた
でも結構 達成感で満足したツーリングだったと記憶している

この後 もっと悪路で使いやすいようにと125ccの車体に200ccエンジンを積んだXL-200Rで益々林道オフローダーの道にハマって行く事になるのです・・・