2013.06.27 覚醒
その渓は・・・

夏の日差しが降り注ぐ渓 夕刻に近づいても衰えることを知らない蝉時雨と 緑豊かな山々のむせ返るような草いきれ 吹き出る汗を拭いながら 通い慣れた渓を詰める・・・s-CCE20130627_0004.jpg
昼間のやり切れない暑さを避けるように潜り込んだこの渓 取水堰から下 開けた区間の流れは渇水状態 そこを境に上流 豊富な水が流れる暗い渓 それが釣りの対象区間 
右岸左岸へと流れを渡りながら少しでも涼しげな木陰に隠れロッドを振る 河原に迫り出した木々から落ちてくる陸生昆虫を待ちかまえるように 上流に向かって定位するトラウト達  アベレージサイズはそれ程でもないが 元気良く釣れてくる腹の黄色い岩魚は一応にしてピンと張った立派な尾びれを持っていて 岩魚独特のトルクのある引きを楽しませてくれる この子達とのやり取りの時間は すべての煩わしさを忘れさせてくれる
s-CCE20130627_0001.jpg
この渓とは永い付き合いだけど 毎回同じ区間しかやらない 今回は少し冒険をしてもっと奥まで行ってみることにした

未知の区間  暗い谷間の向こうには


その先を阻むように 大きな砂防堰堤がそびえ立ち 豊富な水量を堰堤下のプールに落とし込んでいる
きっとあの先に進むには嫌になるほどの高巻きがあって 挙句にはゴルジュ帯が延々続くに違いない
時間的にも体力的にも そう云う言い訳しか思い浮かばなかった

「あのプールをやったら 今日は上がろう」

その堰堤の落ち込みを覗き込むには 胸ほどの高さをよじ登らなければならない しかし不用意に立ちあがってしまえば その落ち込みプールに魚が居た場合 即 ゲームオーバーになってしまう 
堰堤端の斜面を上がり覗き込んで息をのんだ 確実に尺オーバーと思われる魚 数尾が悠々とクルージングをして居たs-CCF20130627_0002.jpg

どちらかと云うと「瀬」の釣りが得意な自分にとってこのフラットなプールでのやり取りは苦手な部類だ
それに この状態から良い思いをできる確率は低いことを 今まで散々学んできている


昔通った忍野八海は いわゆる「見釣り」が常套手段なスプリングクリークだった ハマり込んで試行錯誤を楽しむ他のフライマンのようには楽しめず いつしか足が遠のいてしまっていた あそこで腕を磨いておけば こんなプール ことも無げに攻略できた筈なんだけど・・・・
s-CCE20130627_0006.jpg
そんな事を思いながら フライボックスの中から数少ないミッジフライを摘み上げる 
自分で巻き貯めたフライは 主に#12前後のサイズばかりで それでさえお粗末なタイイングのため「こいつなら」と手が出る物は少ない 


大体#18から下のフライは視え難いばかりか アイにティペットを通す事さえ苛立たしい しかし「もしかして?」と云う期待でそれなりの本数 巻いてボックスに詰めたのは自分だ  今がまさにその「もしかして?」なんだナ
s-CCE20130627_0010.jpg取りあえずのパイロットフライは#18のグリフィスナット  自分的には実績のあるパターンだ
リーダーは#6の12f ティペットは#7を3f程付けた  
自分がこの釣りを始めた頃は まさにロングリーダーシステムの大流行で自然と流行に乗った訳だが 決してこのシステムが得意な訳ではなかった

トラウトウィンドウに入らないように低く構え フォルスキャストは少なめに バックスペースは無意識に確認したが 木の枝を避けてラインの軌道を通すのは難しいパターンだ
何度かジャストなスポットに入れるが 全く無視だ この流れでドラッグがかかるには長すぎるティペットを付けた筈だ
確かに良く観れば水面上の物を捕食しているようにも見えないし この落ち込みを観た時の物足りなさはライズが観られないから だったのかもしれない

「やっぱり水面下ネ・・・」

ニンフか さほどの距離でもないし インジケータを付けたパターンより目視であたりを取ったほうが良さそうだ  小さめでスッと表面張力を破って沈むやつがいいだろう・・・

きらきらとパールブルーに光るカディスピューパの#18をティペットに結ぶ タイイングする時フックシャンクに少量のウエイトを巻き込んであるから そこそこ自然な沈み方をしてくれるだろう 

s-CCE20130627_0009.jpgライントラブルと後ろの枝に気を付けながら 少なめにフォルスキャストをして繊細に 放物線を描くようなイメージで数尾の魚の前方目掛けてプレゼン 沈みながらも ゆっくり魚に向かって流れ

2尾の魚が気になるようなそぶりを見せるが 少し観ただけで定位置に戻った

「食えっ!」・・・   「あぁ~」    

「なんて 楽しいんだ・・・」 誰も居ない暗い谷間で一人呟く 至福の時だ



もう一発! 今度はフライ先行で見事に一尾の口元目指して流れて行く

こんな距離でも明らかに 魚の口が開くのが見えた 釣り師の視力は時に常人を超える 

一呼吸おいてロッドを跳ね上げる! 乗った!
一気にラインにテンションが掛かり ブルブルっと魚が首を左右に振る振動がグリップに伝わる


次の瞬間 ラインは後方に跳ね上がり 高い位置にある木の枝に絡み付いた

もう解ってる あの枝にはティペットがこれでもかと云う位に巻きついて 最後はご丁寧にフライとも絡み合って二度と手元には戻って来ないことは・・・・

s-CCE20130627_0012.jpg食いが浅かったのか 合わせが早かったのか それともずっとFLYボックスの中で眠っていたフライフックに問題があったのか

あのままラインを引っ張ってティペットを切ってしまったのでフライを点検して確認はできないが 多分フライ自体が出番の無さゆえにかなり古く フックポイントに錆びでも出ていたのかもしれない

渓を戻りながらあれこれ考える

今日も楽しいゲームだった 釣れない楽しさってのもあるんだ ま、おれだけかもしれないけどネ・・・




s-antFLY.jpgで、気付いた 

今度からは小さいFLYを自分でタイイングするのは面倒くさいから ネットででも買ってしまおう!

と 云う訳で 買った通販物 #18のパラとアントとぶら下がり系 それにおまけだってエルクヘアカディス

眺めているだけで 惚れ惚れする仕上がり 買う前から思ってた これ現場に持って行って はたしてティペットに結ぶ勇気あるか? 勿体なさ過ぎない? 多分また延々とBOXの中で眠っていたFLY結んで 同じ失敗繰り返す気がする・・・・・


   
スポンサーサイト
2013.06.26 また火曜
s-P17.jpg☆今回も火曜日営業の筑波です
もう どうせなら年中無休で営業すれば良いじゃん筑波!・・・

前回が快適だったので 早起きしてピットを取りましたです コンセントからウオーマーの電気取れるってやっぱいいですネ でっかい発電機 只今持てあまし中です・・・誰か間違って欲しがらないかナ?

今日も梅雨の隙間 降られたのは朝のうちチラリと帰り路にドカンと 走行中は結構なピーカンで日焼けしそうな中なんとか無事終了
今回も それなりに楽しかったけどあまり調子は良く無かったですネ  シフトダウンのミスを繰り返し リズムが崩れていってタイムアップなんて無理 やっぱりクラッチがダメっぽい感じで 


s-arayo.jpg☆キュウクツな格好で様子を診る西田さん 
面白かったのでカシャ!(ゴメンナサイ)

終了後 診断のため西田さんに車両を持って帰ってもらいました
後でメールを貰って 結局ハウジングも含めクラッチ交換に もう減りまくりだったようで あとはフロントサスのメンテとシール交換を  もう色々なパーツに不具合が出る お年頃です   あぁ私と同じ・・・

もっと早く気付かなくちゃダメですネ・・・

修理があがったら今度こそ!って  なに?





2013.06.12 火曜の筑波
s-2013 611 kayou☆梅雨入り
今日の筑波は珍しく火曜日の設定です 火曜定休で仕事をしている私は大歓迎なんですけど 毎火曜営業してくれたら毎週でも予約しちゃうんですけどネ

久々にご一緒する安西さんがピットを取ってくれて おかげで不安定な空模様でも安心して出走準備ができましたヨ ほんとにありがとう



結局2本共 無事に雨にやられず走れました 2ヘアの入りで2度も安西さんにブチ抜かれましたが ま、ほぼ感覚を取り戻しつつあり ブレーキポイントも前のように奥に取れるようになったし 1コーナーの入り前にレブるようになってしまいました ファイナルをまた少し変えないとダメかな?
前回のFSWで違和感を感じたクラッチが やっぱりエア咬みしているようナ? クラッチメンテ何時したっけ?

また次回色々と検証してみよう! 
2013.06.06 ルーフBOX
s-2013 0604A☆なんとか積み込み
今日もFSWショートが走れる日なので朝から出かけます 心配していた積み込みに関しては ま、問題無く解決
2列目左シートをたためばなんとか今まで通りの定位置に発電機の積載はOKでした

天気も良く気持ち良い今日のショートサーキットでしたが 少し遅れて到着したのもありで1本目はパス 2本目から走り始めるとなんかシックリこない感じがして 結局後半いつも通りに走れたんですが 今日は1本だけで撤収することに

s-BOX.jpg☆TERZO
先日ポチってしまったこれ 屋根積みは嫌いじゃないほうなので 何年も前から気になってたルーフボックスを買ってみました サイズがまさに思っていたドンピシャだったのと ネットでほぼ半額だったのでつい・・・
高さ調節もできて容量が変えられる  長尺物は全部ここで 防具類もここに放り込めば車内のごちゃごちゃも解消できる 夏のキャンプもこれで安心かナ♪
  
s-__2008steppu.jpg☆RG
やっとトランポを買い換えました 妻のマツダベリーサ 気付けば全く乗ってない で 「もう いらない」と・・・ 
保険や税金の事もあるので ってことで慌てて買い換えました 以前から欲しかったステップワゴンのRG最終型(現行の1つ前の型)の フローリング仕様 
ユーズドカーのサイトで見つけた5台程の候補を1日で観て廻ろうと思ったのに なんと1台目で即決してしまった・・・
去年の暮に一度ベリーサを査定したことがあって その時の金額を少し下回るのを覚悟していたのに なんと20万近く多い査定額にビックリして  

候補2番目も一応観に行けば良かったかナ? なんて後悔したりもしたんですけど・・・



納車早々3列目と2列目右の座席を外して 2列目外したときにシートを固定するためのでかい凸があったのに少しショックを受けたけど  削ってしまう訳にはいかないよネ・・・

外したシートの保管場所の確保も問題だけど とにかくこの車両は構造変更で4ナンバー化ができないので 2年ごとに乗車人数分のシートを積みこんで車検に行かなくちゃいけないと云う・・・

 一応1台体制に戻るので乗用仕様も維持するため 2列目左のシートは残して なので著しく積載量が減って 今後の対策をどうするか 思案中・・・