2013.07.26 パンク
s-pannku.jpg 今朝 通勤途中にまたパンクです・・・ 
去年の夏 田沢湖を1周してる時と 今年の冬の通勤で1回  ロードに乗り始めてこれで3回目ですヨ  今年はもう2500km位走ってますが それで2回って多いんだろうナ ま、不注意ってことなんだろうけど

私の場合尖った物を拾うのではなく リム打ちですネ 過去の2回は少しづつ空気がなくなって行く感じでしたが 今日のは1発で逝きました・・・ 道路脇の排水溝の鉄のあれです きっちりハマってる所は大丈夫なんですけど 少しずれていたりすると隙間に丁度はまるんですネ で、あの細いタイヤが「ガツン!」と
激しく挟まれたタイヤとチューブが断裂するんでしょうネ 今回のチューブはパンクに強いってうわさの「パナレーサー」だったんですけど やっぱダメでした
仕事にはなんとか間に合いましたが 通勤途中のチューブ交換って 結構ウンザリ・・・

実は今月 信号待ちで車をぶつけられて 10:0で私の過失は無いんですけど 相手は保険無し車両だったんですヨ なんとか先日解決しましたが かなり面倒くさかったですネ

で、去年も泥棒に入られたの7月だったし なんだか自分7月ってダメなのかも?です

これが厄落としになって来月の夏休みは楽しく過ごせたらいいナ と思うんですけどネ・・・
スポンサーサイト
2013.07.20 未練・・・
s-kuraitani.jpg昔 東北ツーリングで下北半島の先っぽ 薬研キャンプ場を初日に予定した事があった あそこまで一気に走るのはかなり辛く やっとの思いで到着すると 即ダウンして寝てしまった 
次の日の朝早く起きると 奇麗なサカナを手に川から戻るキャンパーに会った やはりツーリングライダーだったが 挨拶がてら話を聞くと 渓流のあるキャンプ場を廻ってFLYフィッシングをしていると云っていた
イワナもヤマメも区別がつかなかったが FLYフィッシングへの好奇心で強く記憶に残る出来事だった 

そして次の夏 また東北を目指すツーリングバイクの荷台にはFLYタックルが縛り付けてあった
無論たいした(釣りの)経験も無く「サカナを釣る」と云う次元には程遠い状態だったと思う 

これは と云う渓相の橋を渡る度に引き返し渓を覗き込む とにかくなかなか竿を出すタイミングを計りかねながら 秋田の田沢湖まで走り そして近くの温泉のキャンプ場に落ち着いた

温泉に出かけた時に少しだけ林道に入ってみると 森の中に消えて行くような名も知らぬ川を見つけた 来た事もない場所だけど何か気になり ここだと思い イブニングライズ狙いで急いでテントに帰り道具を積み込んで川に戻った
シューズもウエイダーも履いてタックルも身に着けて 「よしっ」と思ったらなんと 竿をテントに忘れてきていた・・・ 

s-gyororo.jpg
それから数年が経ち FLYの経験もそこそこ積んで 毎年6月には友人と2人で東北に遠征するようになっていた そんなある年 

雫石を中心に揺れた地震が数年前にあり その改修工事の影響で予定していた渓が随分手前の林道から通行止めで入れなくなってしまっていた 
行き場を失って 岩手からあても無く秋田に移動して田沢湖の近くに来た時 あの川の事を思いだしていた  

あの時の感は当てにはならなかったが 半信半疑で行ってみることにした 川に温泉が入って川床の石が茶色く酸化しているので あまり魚に良い環境では無いと思ったけど 入渓してみるとこれが驚く程釣れた 
それ程広くない川幅を2人がかりで上流に詰めて行くのだが 足元に岩魚が泳いでいるのさえ見えて またそいつが大胆にもFLYに出るから驚きだった
季節や天候 気温や水生昆虫の羽化 様々のタイミング次第で凄く釣れたり まったく音沙汰なしになるのがFLYフィッシングだ 

ま、この時は特別に何かの条件が揃ったのかもしれない あれからこの渓のことが忘れられず 未練がましく 秋田に行けば必ず入渓するけれど あの時のように釣れることはもう無い



s-kuirupara.jpg☆クイルボディパラシュート
で、またネットで入手してしまった 完成品FLY 
禁断の・・・とかって思っていたのはいつの事やら FLYをするなら自分で巻かなきゃ!なんて思っていたけど あの労力とマテリアルの経費を考えると 買ってしまうほうが格段に楽で楽しめるのは確かだ  

あの渓に入るには ブナの原生林に囲まれた場所だけにブナ虫FLYが必要なんだ 黄緑色をした2センチ程の尺取り虫のような奴だ 流れに揉まれて行くの見たことがあったけど 水面に対して垂直に流れるその姿を模したFLYをいくつか巻いて試してみたが 今のところこのFLYでのヒットは ない 

と 云う訳で本当はテレストリアルのシーズンなんだけど クイルボディのスレンダーなバランスがなんとも云えずに悩ましくて 観ると欲しくなってつい手当たりしだいにポチッてしまう 全く節操がないと云うかダメなFLYマンになり下がっている訳ですけど・・・

今年の夏はいつもの様なボリューミーなカディス#10とかじゃなくて 華奢なFLYで勝負してみようかと思っている  

また何時かのような日が訪れると信じて疑わないんだナ   まったく未練がましい・・・
2013.07.13 スプロケ交換
s-41☆41丁
前回の筑波で 西田さんに持って帰ってもらって クラッチ交換やらサスのOIL交換なんかをして まだ車両の様子を確認できてないのにまた先日 ファイナル変更をして来ました  36から41です これで筑波のヘアピンは3速で廻ることになる 2速にシフトダウンでギャイ~ン!とならずにすんなり進入できる で、裏直は6速まで入る
1つ落として5速で最終を廻る・・・! てことは かなりなスピードからバンクを始めるの? 激しく不安

ま、どちらにせよ 7月唯一の予定だったクシタニ走行会は満員御礼で潜り込めず・・・・
次の筑波は8月の最終だナ




それにしても KTMの人たちは6000円だって! すごいKTMの勢い!
昔 DUCATIとコラボってた時 そんなに安くしてくれなかったくせに・・・・