s-827 A-1思えば 8月に筑波を走るのは初めてかも?
やっぱり夏場にピットに入れるかどうかは 快適さが格段と違う 先日もSUGOで痛感している 
でも今日もピットには入れなかった  朝4時前に目覚めた時は盛大に雨が降っていた 「またかヨ・・・」と寝てしまい やんでいるのに気づいて慌てて出発したのは5時だった

少しだけ期待を残して筑波に到着すると コントロールタワーから最終コーナー寄りピット 多分1~11番?はファミリークラス用に決めてあって使えなかった  それも なんだかナ・・ではあるけど  

1人でピットに入り まだ来ぬ友達の分も確保している方達の対応がイマイチ・・・ 
「あの~ ココ空いていたら入れてもらえます?」 超低姿勢でお願いするも 「来るから・・」と一言
「申し訳ないけど・・」とか「ゴメンネ・・」とかの社交辞令でもいいから ないのかヨ・・・
記憶では過去何度か ほぼ お断りされる時 感じ悪い! もっと他に言い方ないんですかネ~ とか思ったりする

で 本日の走行  スプロケを41丁にしてショートファイナル化 西田さんのお言葉通り3速でのコーナー進入は滑らか と云うか 速い  シフトダウンしてクラッチをつないでも 「ギャイイーン!」程のエンブレはなく あっけない程度の減速で進入する なのでフロントブレーキのコントロールが今まで以上にシビアで重要になるような これまでも気にかけてコーナーの奥までブレーキを引きずる努力はしてきたつもり でも エンブレによるリアでの減速がそれをスポイルしてたのかも ようやくフロントブレーキでサスを沈めてコンパクトに曲がれるのか?・・・ 

ま、今日は久々の筑波ってことで 相変わらずタイムは気にせずマイペースで 自分的には6時間を超えるディアブロコルサ まだ行けるのでボチボチ

でも今日 ピットは入れなかったけど湿度が低くて車の中で日差しを避けていれば 風が涼しく快適だった
早く内燃機にも優しい季節になってほしいナ~・・・
スポンサーサイト
仙台のホテルをのんびり出て 取りあえず東北道を北に向かい 紫波ICで降りた 17年も前に来た同じ道で折壁峠を越える あの頃はツーリングライダーだったけど もうこの峠をバイクで越えた記憶はうっすらとしか思いだせない 早池峰ダムでさえまだ建設前だったようナ?   岳川に沿って走り 峠の小田越を越え 川井村に向かい薬師川沿いを走る   夕方にバイクで峠を越える心細さを少し思いだした・・・
2013のやくし

タイマグラキャンプ場 2年前に来た時この場内の薬師川でイワナを釣り損ねたので今回はリベンジ
ここは抜群のロケーションだけど 管理している「うすゆき山荘」に宿泊客が居ないと風呂にはありつけない 今回がまさにその風呂無しキャンプ  しかたないので炊事場で身体を拭いてちょっとだけサッパリする ま、夕方は涼しくなるから それ程気にならないのだけどネ
で、やっぱり2輪キャンパーには人気なだけある 今回も5~6台のライダーが みんなテントを張ってから近くに買い物&お風呂に行くらしい 山の中なんだから近くになんて何も無いんだけどネ 埼玉からのセロー乗りの方に聞いたら宮古のほうまで15km位行ったらしい。。。 
この人ともう1台のオフローダーが釣り人だった  

s-yakusiiwana.jpg申し訳ないんだけど くるまは便利 紫波のマックスバリューで食糧の仕入れは済ませてきたので 温泉はガマンしてさっさと川へ・・・
場内には子供連れのファミリーキャンパも居て 川遊びをしてるから なるべくキャンプ場から下流に移動してから釣りをするのだけど 場内あちこちの張り紙や場内放送までクマへの警戒を呼び掛けているから ひとけの無くなる方向へ行くのが 多少 なんて云いましょうか  ま、キョロキョロとあたりを気にしつつ・・・

s-yakiniku.jpgフライも見えにくい時間帯で 何度もアタックしてくるイワナを掛け損ねて うす暗くなる頃 やっと1つ釣れたので やれやれと川からあがり テントでまったり

もう米を炊く気もしないのでお酒でも飲みながら肉と野菜を七輪で焼いて食べる  で、すぐに酔っぱらう・・・




s-koiwai.jpg キャンプ2日目 雫石に移動 ここは先日「過去に経験の無い」と云う豪雨に見舞われた 遊びで恐縮なんですけど 渓はどんなになっちゃったかナ?  2年前に来た時も私的には経験の無い豪雨をここで経験したけど あれよりも凄かったんでしょうネ
あの時も好奇心で渓を観に行ったんです 当然止んでからですけどネ ま、ふつーにアマゾンの激流みたいでしたネ  今回は家族からそんなバカな事はしないように!って強く言われてますから・・・  

s-onnsenn.jpgやっぱりまずはここです 網張温泉 
一昨年から毎回通ってますが ここの泉質は硫黄が強いので いかにも温泉に入った感 が強くて好きです 夕べ入ってないから余計気持ち良かったです 露天に出ると天敵のアブと戦いながらの入浴になります でももう慣れっこですネ 
取りあえず今回は相の沢キャンプ場に張ってきたので このまま葛根田川の玄武洞でイブニングライズを狙い その後また 釣りの後のビールを美味しく飲むために「お山の湯」にも入りました

s-gennbuiwana.jpgいつものように渓に降りてから  暗くなっても入渓点が解るように目印を置いてから川に入ります 
やっぱ玄武洞前は裏切らない なかなか活性がよかったですネ 川に立ち込んで居る夕まず目の時間帯 聞こえるのは ヒグラシとカエルの声 大好きな夏のシチュエーション すっごく涼しくて気持ち良いです 関東での数日がウソのようです・・・この瞬間が やめられない理由なのです

s-ainosawa.jpgで、次の朝 相の沢キャンプ場の朝です ここはすぐそこに小岩井農場があります 向こうのほうに見えるのは草を食む牛たち 夜はすぐテントの傍まで来て鳴き声に驚かされます このキャンプ場は無料なんですが 車をサイトに乗り入れられないのが難点です 数年前はOKだったのですが今は荷物の搬入時だけ入れるようです  スペースを広めに取れたのででかいタープを張ってユッタリしてみました  また次の移動があるから1日だけなんですけど・・・
 s-cyousyoku.jpg
夕べはまたろくな物を食べて無いので今朝はちゃんと朝食を作ります やっぱり私は料理はダメみたいで キャンプで気合が入る程失敗をします・・・もう次からあれこれ食材買ったり道具を持ち込むのはやめにします その辺はバイクツーリングと同程度の装備のがしっくりくるようですネ  
それにキャンプ場も毎日移動しないでお気に入りに連泊したほうが 楽なのは知っているのに・・・
今回も毎回の設営と撤収で腰にきましたネ のんびりしに来たはずなのに 温泉はそこそこ入れているけどゆったり美味しいものを食べる事が全くできてないです  今回葛根田川で釣りした時に隣に駐車してたFLYマンが同じ相の沢キャンプ場に居たんですが装備がシンプルでかっこ良かったですネ~ 見習わなくては・・・ 大人の一人キャンプはファミリーのそれとは違う生活感の無いユッタリした佇まいが理想ですネ~
s-dokusyo.jpgそんでまた移動しました乳頭温泉キャンプ場です
なんか土曜日なのに空いてます おかげでだれも居ない上段のスペースを1人で貸し切り状態です 今日は相の沢キャンプ場を撤収したあと盛岡のイオンでラーメン食べて ウインドショッピングで遊び過ぎたのでテン張ったのが遅くなり めんどうになってビール飲んじゃいまして もう動きたく無いので読書のフリです 早速生活感を排除した佇まいですが・・・


s-yorunonyuutou.jpg
で 結局夜にはこんなんなっちゃって お酒飲みながら 一人でぐだぐだです・・・一人っていいんですけど 流石に三晩続けて一人酒は飽きます 演歌じゃないんだからネ もう明日の朝の釣りに集中して 午後には帰ろうと思いました




s-ikude!.jpgそして朝 集中してます と云うか
夕べ一人酒が過ぎてお腹痛いです・・・この渓 クマも恐いし・・・





s-turesou.jpg
また今年もこの大好きな流れに来ることができましたネ 玄武洞前とここは自分にとって特別な場所です 毎年この渓に入る時は期待だらけのワクワクと高揚した気持ちで入渓して 脱渓する時は「またか・・・」と云う脱力感 でも 必ず 次こそは!と云うポジティブ感一杯で川を後にするのです

46号線の仙岩トンネルの岩手寄りはなかなか凄い事になっていて 未だに片側通行が数か所ありましたが 川が暴れるとは良く聞きますが ああ云う事なんだナ~って納得してしまう惨状でしたネ

でもここは思った程の豪雨の影響は無いようでした いつものでっかい岩はいつもの場所に鎮座していたし 流れの圧迫感も無かったです ただ何かがちがう・・・ 
s-syakudesu.jpgそう なんか今日は違うナ と最初から思いました 魚が浮いている感じ FLYの1投ごとに反応がありました
水量も申し分ないし恐い程の流れではないので遡行しやすい 気になるポイントを良い角度からアプローチできるのでFLYドリフトもメンディングさえも上手く行きます
ああ これは来たな! って感じ この数年の報われない感じがすべて払拭される勢いでした
s-yappadekai!.jpg
もうこんなサイズがばかすか釣れます  今日のアベレージはほぼ尺ではないでしょうか?
あの数年前の爆釣よりも釣れてるでしょう だってあの時は友人と2人でこの渓ですから 若干の譲り合いがあったり・・・ でも今日は全くの一人  あ~~一人で良かった~~~
幸せだ~~~



s-jyane.jpg
多分10尾は釣って無いでしょうが・・・数えるのは辞めました  FLYが流れて20cm前後のイワナが来ると「あっ おまえじゃ無いヨ」 とサオを上げてしまう 釣れないFLYマンのくせになんて人の変わりようでしょう・・・
 流れの筋に乗せてFLYがドリフトすると ス~~っとイワナが浮いて来て 何の疑いも無くガップリ!  そしてワンテンポ遅らせてロッドをウリャア!と煽るとグイ~~ン とロッドが曲がります   た 楽しい・・・
寄せるのがまた一苦労 下流に走られたりすると大変  ウワッ ヤメテ~! なんて叫びながらもかなりニヤケタ顔で釣りをする 
できる事なら 一気に来るよりも 小出しに釣れてくれたほうが幸せかもしれないのに なんて思いながらも夢のような時間を楽しみました  



s-senndatu.jpg
そして興奮しながらもいつもの場所まで釣りをして 周りの自然やイワナ達に感謝な気持ちでサオをたたみました

あれより奥まで行ってもきっと同じように釣れたとは思いますが 数釣れば楽しいばかりでは無いことは知ってます すべての魚は丁寧にリリースしました またきっと来るであろうこの川は またきっと毎回釣れない思いをさせられるんだろうナ と思います でもまたたまに今日のような思いをさせて貰ったら なんて幸せなんだろう・・・

ああ 今日はランディングネットが さかな臭いです・・・・

ほんとに臭い  あぁ 幸せだ~~~
        なんて 幸せなんだ~~・・・
s-atui.jpg今年も行ってきました  SUGOです・・・
去年はなんとなく迷っていたら エントリー期限を過ぎてしまい参加できなかったのですが 今回はやっぱりSUGOは走っておきたかったのです
また青森1098のTさんと連絡を取り 前日練習から走りました 1年空いてしまったけどやっぱりSUGOのコースは楽しいです  749Rもクラッチを変え Fサスをメンテしてもらったおかげで 大快調でした
2本練習で走り終わって 夜はTさんと仙台で美味しくお酒を飲みました
明けて「感謝デー」当日 また少し寝坊してSUGOに着いたのは6時 既にピットは空いていませんでしたが
品川CBRのUさんに再会してピットにお邪魔させて頂きました 流石の炎天下でもピットに入っていると 涼しい風が気持ち良いです 東京ではこんな時期に考えられない程の心地よさでした

s-opunn.jpgオープンクラスを走るUさん このクラスの上位は選手権なみのタイムで走る方達です 5ラップと云う少ない周回なのでスタートが重要ですネ でもスタートが苦手らしいUさん 6番グリットからスタートして1コーナーまででいきなり10番手に落ちて でも結局6位チェッカーって・・・ナカナカ見せてくれました
s-suta-to.jpgナンバーズチャレンジA組で走ったTさんも 予選走行でベスト更新を果たして 結局決勝レースでは40秒台に入れると云う絶好調ぶり  羨ましい限りです!
で、ナンバーズB組を走った私はと云うと 決勝スタートでシールドを閉め忘れて 1コーナーに向かいながらシールドを閉める と云う情けないことをしながらも やはり周りは同じ位のタイムの方達で抜きつ抜かれつのバトルができて すっごく楽しかったです  ま、結果はベスト更新はならずで 順位も真ん中の少し下グリッドから走ってチェッカーもさほど変わらずでした・・・でもホント 決勝レースを走っている時は すっごい楽しかったです!
また来年も頑張っちゃおうかナ!

s-bisutoro.jpg s-bonntenn.jpgSUGOが終わってから私はまだ夏休みが続いているので また仙台に宿泊だったのです 昨日とは別のホテルで夕食も近所のビストロに行きました 仙台の駅に近かったのですがお洒落なお店がたくさんあって 路面店で東京の夏では無理なテラス席でのお店が多く 夜の少し涼しい風を感じながらの贅沢なディナーでした
仙台って ホント良いですネ 住みたくなっちゃいましたヨ!