s-02ダンロップのサーキットステーションは2009以来だから4年ぶり 今回はダンロップタイヤユーザーが必至条件の走行会です 前回のスポーツ走行からアンビートン03を履いているけど今回は以前のようにアンダーな印象は感じなかった ただフロント側にチョット気になる挙動が・・・ 最終を大周りでクリップに着く頃微妙に振られるのは何? 最近ようやく最終コーナーを大きく膨らんで走れるようになったのだけど 外側は結構路面が荒れてるの? それとも空気圧の管理違い? 解らないナァ?・・・

何はともあれ 朝少し遅れて到着したら既にピットは空いておらず いつ降り始めてもおかしくない空模様の中 定位置の1ヘア裏にトランポを停める 気付けば「ホットチョコ」の走行会とバッディングしているらしく でも昼前にはそちらの方達は撤収し始めて おかげさんで2番ピットに移動してやっとマッタリする
結局 雨にはやられずに済んだが なかなか暗く寒々とした一日だった

この走行会のクラス別けはタイムではなく車両の排気量で決められているので1つのクラスに様々なタイムの人が居て イマイチ走り辛い 次々に現れる前走者をパスするのに忙しく いつものA枠の走りとは一転してパッシングをする側に・・・

タイム的には10秒位なので 今回は各ポイントでの細かい操作確認に徹した走行になりました  
スポンサーサイト
2013.10.10 ニーグリップ
s-iri.jpgここは筑波の最終コーナーの入り 100メートル看板のブレーキポイント
今回の筑波は台風の影響で一日中強風で 特にこの裏直は前方から激しい風に煽られて ビビりの私でもきっちり100看板まで全開を維持できました 向い風でスピードが乗らないし カウルから頭を出すとかなりの抵抗で制動が効き 少しのブレーキだけでいつもの恐怖感も感じずにバンクさせて行けます ま、タイム的には全然 なんですけどネ・・・


s-sikeinn.jpgで、こちらは S字からの2ヘアの入り口 ここはアジアンコーナーを切り返してシフトアップ後 左に寄りながら赤白の縁石まで全開を維持するんですが 最終と逆に向かうここは追い風で スピードが乗り過ぎて何度もオーバーランしそうになりまして。。。で、

後で西田さんからのアドバイスでコーナーの入りで前乗りになり過ぎて バンク中に窮屈なんじゃないか?と
まさにニーグリップの甘さなんですネ 前に行っちゃうってのは  もうラインがどうのって次元では無いです 基本を見つめ直す必要がありますネ・・・

今回タイヤをダンロップに換えてみたんですけど 空気圧が解らずサーキットのダンロップ屋さんもシャッターが閉まったままで 仕方なく西田さんがピットのどこかで情報を仕入れて来てくれて なんと冷間時の前が1.6で後ろが1.5
これで走ってみましたが 1本目の走行はアンダーな感じで凄い違和感 2本目は慣れてしまって 問題無かったんですけど それぞれ指定の空気圧があるもんなんですネ~ 

で、2本目走行中 なかなかパスできないR1の後ろを数周 また悪い癖が出て 抜けない車両にくっついて無駄に周回します 1ヘアの入りでインに空きができるのに気付いてやっとパス・・・・そして思い出した

終了後近くにトランポを停めていたその方に確認  やっぱり今年8月のSUGO 決勝レースでシケインで仕掛けるもパスできず10%上りで離される を毎周回繰り返し 結局パスできずにゴールした 
ずっと見ていたツナギの背中で覚えていました 偶然にも同じ相模原の方でチョット盛り上がり・・・ こんな事もあるんですネ なんか面白かった今日の筑波でした 

2013.10.04 アンビートン
s-taiya.jpg
西田さんちでタイヤを交換  今回はダンロップ走行会を走るので必至条件のD社ブランド SPORTMAXGP Unbeaten-03 
冷間時の空気圧 どうなんでしょうかネ?

色々と西田さんに「筑波攻略走り」のお話しを聞いて。。。思い当たることが・・・
あぁ 今すぐにでも走って 確かめたい

こんなに恵まれた環境にありながら 全くその恩恵を生かせていない私って・・・

ほんと 申し訳ない・・
 
また 頑張りまっす!