久しぶりに3本走ってみました A枠は2本しか設定が無い事が多いんですが 今回は3本あったので取ってしまいました 天気も気温も良いし 楽しい練習です  が・・・
s-R-8.jpg
この車両も西田モータース製ツーバルブのボクサーツインレーサー バイアスタイヤでのフルバンクは やはり丁寧なライディングが要求されるそうです  
ボクサーエンジンのヘッドが削れてます まるでバンクセンサーの様に接地するんですネ 上側も下側も削れてるけど そこそこ削れると穴が開く前にひっくり返してまた使うようです  



今回はこれともう1台のBMWと後ろに見えるミドリのMH この3台を持ち込んだ長谷川さん 
「今日は6本走ります」   「あ, 6本ネ・・・  ろ ろっぽん!!・・・」    底なしの体力ですねェ・・・
同じA枠走行中 このツーバルブのレーサーを「かっこいいナァ~」 なんて後ろから眺めながら走りました
s-apur.jpg最近よくご近所ピットに落ち着くアプリリアRSVのお二人 
#7は私と同じ相模原からのH田さん 先日の筑波TTのNBクラスで優勝したんですよネ  で、#4は過去にクラブマンロードレースのMAX7でご一緒したことがあるT屋さん  ご両人共にR枠なんですよネ 

お気の毒に今回2台共 筑波のグラベルの餌食に・・・
お怪我が無くて幸いでした


近々テイストのレースもあるし そんな事情もありで頻繁にOIL旗が出たり 実は先週も盛大にOILを出した車両が居まして   きょうは多重クラッシュがあったりして  転倒車を乗せる車両が大忙しでした
救急車両も 何度も八千代方面に行ってましたネ 

それにしてもレコードラインにOILまかれるとなかなか 思い切り行けないです・・・
ま、ビビりな私は果敢に攻める事も無く 恐る恐るOILを跨ぎながらの走行で 無事転倒も無く3本を走りました・・・やれやれ
スポンサーサイト
s-P4090028.jpg昨日受け取った749Rを載せて筑波に向かうのは何故かウキウキした気持ちでした
もう何回も通っているのに・・・
修理をしてもらい また走れる事がこんなに嬉しいとは。。。
で、ヘラヘラと嬉しそうな顔のまま筑波に着くと やはりピットはいっぱい いつもの定位置に行くと なんと数年ぶりのご無沙汰 同じ749R乗りのガンスケさんが居らっしゃいました!  同年式だというのに相変わらず新車のようにピカピカの749R ドカ乗りの鏡ですネ 頭 下がります・・・
s-P4090029.jpg
この方のブログ(チャレンジ749R)はとてもためになるんです 今回も彼が749Rをフルオーバーホールした時の記事なんかを読み漁りましたネ 
写真も奇麗だし ほんとに助かる メンテの記事楽しみにしてますから今後とも宜しくです! 多分全国にもそんな749R乗りの「チャレナナ」ファンは多いはず



s-FJEGOU.jpg
今回もしつこく注目! 
BMWr1200s FJE号 MHふうのカウルが個性的ですネ  西田モータースでレーサー化した初期はブルーのカラーリングだったのですが 2012年のBOTでのクラッシュ以降マットなブラックに  迫力と凄身が増しましたネ 先日のBOTでは 四十肩のオーナーに代わり(西田氏:談)西田さんのライディングで1分2秒台で優勝した 


4バルブボクサーツイン サイドに変更された短めのサイレンサーから重低音なエクゾーストを響かせながら1ヘアを立ち上がって行く様は どんなマシンより魅力的で・・・
あ、749Rも かっこいいけどネ

ミッションのシェイクダウンはと云うと・・・ 
とにかくシフトアップにはクラッチレバーを一生懸命握りました(当たり前だナ) 
新しくなったクランクの中身をひしひしと感じながら終始丁寧なシフトを心掛けて走りました これからはクラッチのメンテをしっかりやって  そしてガンスケさんみたいに掃除もしてあげて大切に乗って行こうと思いました。

s-moriya.jpg
今日は初めて 新しくなった守谷のSAに寄ってみました 最近の高速SAはレストランも充実してるし コンビニまであっていいですネ
時間がなくて立ち寄っただけで食事もできなかったですけど いつか余裕があるときに此処でゆっくりと過ごしてから帰宅したいナと思いました
 
 
2014.04.09 ミッション
s-hadakade.jpgやっぱりオーバーホールは必要だったんですネ・・・
前回の筑波練習でクラッチに異常を感じて走行不能に 次の週西田モータースに持ち込むも ドレンボルトを開けた時点で思った以上に重症らしいことを西田さんに告げられました

まだ走る事を諦めるには忍びないので修理をお願いして 結果 ほぼ腰下オーバーホールと云う作業とパーツも交換になりました 金額を聞いた時は少し考えてしまいましたが 

でも 仕上がりを待つ間はなんだか凄く楽しみでした 
何時かフルオーバーホールなのか?と云う気持ちはありましたが やはりコスト的にはかなりの覚悟が・・・結局腰下と云う事になっただけ 何時の日か腰上もするのかしら?

12000kmの距離を思えば 早過ぎたトラブル と云うのが西田さんの見解のようでしたが いかに私の乗り方が雑だったのか と云うことなのかも? 

ま、確かにコースに出る時クラッチを握って 多少のエア咬みを自覚しつつ走ってしまい やはりチェンジミスをすること 数回・・・
それと これはFSWのレーシングコースを走った頃からなんですが シフトアップにクラッチを使わない と云う悪いクセがついてしまってました

s-4~6これが交換をした部品 上の2枚が4速6速のギア 歯が欠けているのがはっきりわかる シャフトもそれなりの損傷で交換に ビニールに入っているのが欠けた歯 クランクの中が走行中にこんな状態になるなんて 怖過ぎる   
でも パーツだけ見てても やっぱかっこいい・・
結果 クランクケースを割っての作業を忙しい最中の西田さんにやって頂き なんとか予約キャンセルをせずに次回の筑波走行ができます

これからは 心を入れ替えて 丁寧に乗って行きたいとおもいます・・・・