2014.08.17 2014 SUGO
s-P8130041.jpg盛岡のキャンプ場を朝出て のんびり東北道を南下する 
昼前 SUGOに着けば毎年おなじみの常連さん達と再会 挨拶もホドホドに走る支度を 皮肉な事に今日は雲ひとつない快晴 強い日差しにチームテントを出す予定が空きピットを見つけてそこに移動 やっぱりサーキットのピットは涼しくて快適
今回のSUGOファン感は前日の練習走行は特に設定されておらず 普通にスポーツ走行の2Cクラスをビジターで走るしかない・・・  割高ではあるけど 走行会に参加してると思って割り切るしかない 明日の決勝前の予選走行はたったの15分×2しかないので 25分走れる練習走行は重要です  年に一度しか来れない私は毎回走り方を思いだすのに時間がかかる
でも走ってしまえばとにかく気持ち良いSUGOです

s-2014 8 13A←(ついピースをしてしまう世代です。。。)
練習を終えて夜は青森からの1098乗りチシマさんと牛タンで乾杯 積もる話で盛り上がる
同じようなバイクファンなので世代は違っても話題は同じ 楽しい夜でした 2件目もハシゴをしてビストロでワインを空けて
明日の本番は二日酔いかも?
s-P8140042.jpg明けて当日
今回はウチダさんご夫婦がキャンピングトレーラーを入手して 前夜からゲートで宴会をしながら並んでピットを確保してくれたので また今年も快適に1日のイベントを過ごす事ができました
s-P8140050.jpgで、レースの結果はと云うと OEクラスのウチダさんは今回スタートも決まり2番手グリッドのまま1コーナーに 途中オーバーランしてグラベルを走ったようですが それでも追い上げて チェッカーの頃にはトップにかなり迫る勢いでセカンド s-2014 8 14Aフィニッシュ  ↑ウチダさんもピース世代?(笑)
私達ナンチャレクラス チシマさんも決勝A組には入れなかったもののB組でポールtoフィニッシュを決めベスト更新と云うオマケ付きでした 
今年こそはと気合いを入れていた私の結果は いつもと同じ 後ろから数えたほうが速い・・・
前日練習での気持ち良さは出走台数でスポイルされてしまい 予選のコ-スインタイミングを考えないとダメなのが今更やっと解った次第で   ま、速い人は関係無いんだけど私レベルだと同じようなタイムの車両をパスするのに手間がかかるんですネ 結局1000ccマルチ相手にストレートで離されてコーナーで塞がれるの繰り返し・・・
帰宅してから ユーチューブで同じ予選を走ってた速い方の動画を見つけた 予選が始まり先頭が1周してくる寸前に悠々とコースインして かなりの周回をクリアラップする  考えれば当たり前の事に気付かずダンゴ状態の中を走ってた自分が可笑しかったです
動画の後半で 私が何周もかけてパスした数台を瞬殺で抜き去り 見覚えのある私の後姿も瞬殺されて 笑ってしまいましたネ
結局決勝もダンゴ状態で走り 去年目の前に居た筑波でもお馴染みのR1の方も1つ前のグリッドに居たのに 終わってみれば間に2台も入られていました   ハ~~~・・・ 
でも凄く楽しかったです 来年も 頑張ろっと

スポンサーサイト
今年も無事に夏休みがとれて 東北へFLYとキャンプ そしてSUGOのイベントです
今回 Mintは特に夏休みはとらず いつも通りの第2と第3の火・水連休です
6月に妻がパリの友人宅に1週間遊びに行ったので その時は私が一人で営業をしたので 今回は妻が私の留守を一人営業です なので少し気が楽  やっぱり遊ぶ事は必要だけど 何日も店を休むのってチョット後ろめたいんです・・・・
って事で10日は夕方まで忙しく仕事をさせてもらい 5時頃には手が空いたので後は妻に託して出発

s-2014 8 11Aただ今回 台風の影響で東北方面はあまり天候はよろしくないようで・・・ 
小雨の続く東北道もあまり渋滞は無く ツーリングライダーもまったく見当たらず  やっぱり夏の東北道はツーリングのバイクが走ってないと なんか寂しい感じ    かなりエコランを意識して80km位で走りましたが 出発が早かったので仮眠する12時頃には仙台を過ぎていました
小雨が降るなか盛岡到着 いつものイオンで買いだしを ・・・
相変わらずここに来るとテンションが上がります 地方都市の大型店で お盆時期で人も多く 「ああ 休日を満喫してるナァ 」 的な。。。 普段平日休みで賑やかな場所に飢えてる私はあっちこっち観て廻り気付けばアッと云う間に昼過ぎです  で、せっかくなので盛岡冷麺を食べました でもやはりあまり冷麺に興味は無いみたいです 次からは無いナ・・・

s-2014 8 11B午後いつもの相ノ沢キャンプ場に向かいます 今回は連泊の予定  
小岩井農場を過ぎて高度を上げて行くと目の前に観える目的の山は雲に覆われた怪しいようす   この道からのあの山の感じで渓のようすもだいたい想像がつきますネ  前にも何度かこんなことがあった

数日前に台風がかすめて行った影響で降雨量も普段の雨とは違う訳で  今も空いっぱいの乱層雲 当分の間は雨に悩まされる事になるでしょう・・・ 今年の行方は見えてきちゃいましたネ

目的の相ノ沢キャンプ場は 先客のテントがひと張り ひっそりとあるのみ ひと気は無い まだ時間が早いのでこんなものかナ 去年から狙っていたスペースを難なく確保して急いでテン張り
s-gennbu2014 8 11テントを張り終えて取りあえず渓の偵察に  だいたい想像はつくけどどんなになってるかの確認に行ってみると  
ま、初めて観る玄武洞の姿でしたネ 河原にまで溢れたまっ茶色の流れが轟々と音をたてて 流れの速さもあるので 橋から覗き込んで観ていると吸い込まれそうな恐い勢いです
s-2014 8 11C
いつも入渓するポイント付近を観ると ふだん見ない枝分かれした流れまで出来ていて全く別の場所に来たような印象でした もうこれは 当分平水には戻らないナ と思いましたネ
もうしょうがないので こんな時はのんびりと温泉にでも と いつもの網張温泉へ
夕べは仕事終わりに帰宅せずに出発して 途中車内泊だったので疲れもたまっていて 温泉につかるにはこれほどに無いベストタイミングですネ 特にここの温泉は気に入ってるので気持ち良かったですネ

湯船にてこれからの予定を色々と考えてみましたが ここから大きく移動をしても さほど状況の変わる場所も思い浮かばなかったので予定通りに動いて それでダメなら仕方ないナ と云うことにしました 無理しても良い事ないしネ・・・

s-P8120018.jpgテン場に戻るとそれなり数のテントが増えていて  シーズンらしいキャンプ場の賑やかさにはなっていた それでもテントどうしは程良い間隔で設置してるので快適に過ごせそう    




ただ 小雨も断続的降ってるし何より時に風が強く タープのテンションをこまめに確認しないといけないので のんびりと座っている訳もいかず・・・

s-P8120033.jpg
でも まァ、暗くなる前から酔っぱらう わけで。。。
この時間帯にイブニングを狙う事ができないとなると 他にする事もなく





s-P8120039.jpgと、夜空を見上げれば 明日も雲が無くなる気配もなく 

夕方からビール飲んで ジン飲んで バーボン飲んで 梅酒飲んで 何を飲みたくなるか解らないので片っ端から持ってきてた酒を飲みながら ぼんやり明日の予定を考えながら 次は日本酒行くか と思っているうちに意識不明に。。。
気付けば深夜 慌ててテントへ   幸せだナ~・・・
s-P8120021.jpgで、二日目の朝  
明け方 シュラフにくるまって 気持ち悪い~ と思いながらも睡魔のが勝っていたようで・・・ 
朝いちの釣りは諦めていたので のんびり起きると 二日酔いの筈が思いのほか頭はスッキリ爽やかな朝をむかえられたりして
でもやっぱり天候は曇り時々雨 
山々に微妙に垂れこめる雨雲を観ながら 目的の秋田の渓へ向かう

s-P8120027.jpg昨年良い思いをさせてくれたこの川も やはり濁りは少ないものの増水していて 流れが速くとても対岸に渡るどころかウエーディングさえ無理な状況
なんとか橋の下から入渓してFLYを投げてみるものの・・・


s-P8120028.jpgFLYが丁度良くドリフトするポイントが少なく できる所だけサオを出すが30分程で終了 それから先はもう入れない 

こんなふうに流れているときは 魚は石の下に隠れていて 餌を取るために浮いてこないのはわかっている 
増水や濁りが回復して魚が餌をとるために動き出すには 少なくても3~4日はかかるような気がする  まさに去年 46号線付近が多雨で壊滅的な被害をこうむった その後この川で良い思いをさせてもらった時が その回復したタイミングだったのですネ

残念ではありますけど 今年はこんなタイミングだったのネ と思うしか無く 去年感じたことが今年現実のことになっただけでした

秋田の渓を後にして46号の仙岩トンネルを越えて岩手県に入り  車窓からいつも見下ろしていた(釣り人の性と云うやつで) 過去に入渓した事が無い竜川(りゅうかわ)の上流域が今回はやけに気になり 1kmほど通り過ぎてからUターンした
路側帯に車を停め また降り始めた雨にレインを着込み 降りれそうな茂みの急斜面をただ条件反射的に降下し始める
雨足は強くなり斜面中ほどで足場を見失った時    脱渓ポイントも知らない流れに降りてもナ・・・ 頭の中で「パチッ」 と釣欲のスイッチが切れた