s-XL250S.jpg☆HONDA XL250S
このバイクは 本当にオートバイにのめり込むきっかけになった1台だと思う
バイクに復帰初のCBは ただ漠然とツーリングで走り回るだけの使い方で やはり久々のバイクなのに手に余るパッフォーマンスは日増しにストレスを感じるようになったみたいで・・・ 
次に入手したのがこれ マルチの750ccからいきなり250単気筒に

実は10代の頃初めて自分で買ったバイクがKAWASAKIのTRー125 と云う単気筒のオフロード車だった  当時のOFF車はツーサイクルが主流で YAMAHAのDTー250なんかがこのカテゴリーでは人気だった  2サイクルでも4サイクルでも単気筒エンジンの鼓動感が結構好きで そんな過去の記憶で このバイクを買ったのかもしれない

これに乗るようになって のんびり走る楽しさを知るようになったし 林道ではダート走りの奥深さを知り  しかし転倒もこれで何度も経験することとなった 
必要にせまられて防具を付けて走るようになったが  公道である林道を 交通量が少ないと云えど 転ぶほどの走り方をするなんて・・・今思うと凄く反省してます  でもラリー車(4輪)も結構走っていて 2輪よりも派手に走る彼らと鉢合わせするのはかなり恐怖だった 


この写真は12月初旬の富士5合目  滝沢林道を上って行くと雪道になり この場所は強風のため雪深くはないが 途中はリアのトラクションが無くなり 両足をバタバタさせながら佐藤小屋に着く頃には着膨れの中は汗だくになっていた 
雪中訓練をしていた大学の山岳部がバイクで来たことに驚いて 氷点下15度ですよ と言われこっちが驚いたりした    持参した水筒のお茶は瞬時にぬるくなってしまうし 行動食のつもりの焼餅も硬くなって咬むのに難儀した なによりほんの数分の休憩中グローブを脱いだ手が直ぐ感覚がなくなり 慌てて下山した 
下りは寒さで体が緊張してタイヤを雪に取られるが フロント23インチと云うバツグンの直進安定性に助けられなんとか転ばず やっと御殿場から東名に乗って 寒さに震えながら帰路に着いた
でも結構 達成感で満足したツーリングだったと記憶している

この後 もっと悪路で使いやすいようにと125ccの車体に200ccエンジンを積んだXL-200Rで益々林道オフローダーの道にハマって行く事になるのです・・・  
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://beemer.blog50.fc2.com/tb.php/267-c25ea3c2