bittoria.jpg☆VITTORIA 1976 CLassic
先日IMOLAで通勤の試走をした時 上り坂での非力さがあまりに著しく 思いの他時間がかかってしまい馬力不足を痛感しました この場合の馬力はバイクではなくエンジンである私自身の事で・・・今までのように内燃機に全ての責任を押し付ける事はできないんだナ・・と なんだかみょうに納得したと云うか 不思議な反省気分です
最近良く読む自転車関係の雑誌で ビンディングペダルにすることによってペダリングの踏み足だけではなく引き足も使えるので効率的だと 例えば前半に踏み足で前の筋肉を使い果たしても まだ後ろの筋肉で引き足ができる まるでバイクの予備タンクのような・・・    ま、これはたとえであって 実際はビンディングペダルで効率良く漕ぐというのは 上級者になると踏むと引く だけでは無いチカラの入れ場所があるようなのですネ 

ようするにピンディングペダルを導入です シューズは数あるレーサーっぽい物は避けて チョット洒落たデザインのビットリアに イタリア製のハンドメイドらしいんですけど?
エナメルっぽいですネ こんな艶々な靴なんて何十年ぶりです って云うか過去にエナメル靴履いてた事実も今思うと恥ずかしい

s-DSC_0391.jpg近所にロードバイクの専門店がありました アメリカのTREKと云うメーカーの専門店らしいですけど
IMORAはわざわざ南青山のBianchiコミュニティまで行って実車を見たので そこで予約をして購入したのですけど 近所にプロショップがあるならそちらのが便利だしスタッフの方も他メーカーなのに感じ良く接客してくれたのでまたお願いに行こうと思う

s-DSC_0392.jpg取りつけたのはシマノのPD-A520というペダル まったく解らない事だらけだけど お店の方の説明で 多分このペダルがいいのではないかと自分で判断してみた
バリバリのレーサーちっくなものではなく 初級ビンディングって感じかナ?
上級のペダルはシューズも靴底がカーボンだったり ペダルとの接合部のクリートと云うアタッチメント? もやたらでかくてペダルから外しての歩行はかなり困難 私の場合きつい登りはプライドも無くおりて歩く予定なので 歩きやすいシューズのSPDタイプと云うこのペダルに  お店にシューズとペダルの脱着の練習台があったので ちょっと体験 外すのに関しては踵側を外にひねる事で外れるが ペダルに着けるのがかなりもたつきそう もたもたして後続の車両に迷惑かけないように気をつけなくちゃ  あ~ 今から 不安!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://beemer.blog50.fc2.com/tb.php/295-06aa3fca