FC2ブログ
2018.01.31 雪の塔ノ岳
年明けからなかなか時間が取れず 今年初の山行きです
P1300207[1]年末に2週続けて登った塔ノ岳ですが 自宅からのアクセスの良さと頂上往復のタイムスケジュールの良さで とても気に入ってしまいました 時間さえ許せば毎週ここに来てもいいくらいです  釣りでもサーキットでもそうだったけど 気に入れば通いつめるタイプなんですね ただ結果は出せないんですヨ・・・

遙か向こうの江ノ島 あの辺は晴れているようですが 山は天候が崩れてきそうな。。。

P1300208[1]今回 歩き始めは来た事を後悔する程辛かったんです やっぱり間が空くとダメなのかな でも30分も歩いたらもう何も考えずに歩を進めるだけになれました
大倉尾根の登り始めは予想をはるかに下回る残雪状態でしたが 堀山の家あたりから微妙にすべるようになって いよいよ初アイゼンです 軽アイゼンの6本爪を使ってみましたが 想像してたよりも歩きやすくて安心しましたネ
今回も とにかくマイペースを維持して歩きます 後ろから人が来てるのが苦手でスマホを観るふりをして前に行ってもらいますからどんどん遅れをとります
P1300212[1]後半はやはり脚が進みにくくなりましたが なんとか平均タイム少しオーバーで登頂です ま、初めてのアイゼン使用による遅れだと思っておきます・・・
私は小屋派なので真っすぐ尊仏山荘に入って休憩しました 自分のバーナーを出してテーブルの上でカップ麺を作りコンビニおにぎりでランチ 食後にコーヒーを注文しました 
外でランチしている方たちも多かったですが 雪が降っていたけど風は無かったのでそれもありだったのかもですネ  

山荘の中は平均年齢60歳台後半になってましたが 他の方達はみんな私を抜き去っていった健脚のおじさん(お爺さん?)達です 小屋番のおじさんとお馴染みな感じでそこそこ盛り上がって楽しそう  きっと若い頃からずっと山登りをしているんだろうなと想像できます 始まりは遅かったけど私もあんな風に続けられたら 楽しそうだナ~って思いましたネ  結局休憩は40分程 身支度を整えて山を下ります  

降雪の中を下ります 下界から観たら山が完全に雲に隠れて観えない感じなんだろうナ   
P1300218[1]今回 山地図を昭文社のスマホ用のを買ってみたんです(¥500) 電波が届かなくてもGPSで現在位置が表示されていて 凄く使い易かったです 案外心配性なのでポイントごとに確認できるのは安心です ただやっぱ地図アプリ 恐ろしい程バッテリー食うわ~ 下に着いた頃にはほぼゼロに近かった。。。


P1300217[1]登りでは暑くてフリースで歩いたんですが 下りは寒くてアウターシェルを着込みます やはり冬のレイヤードは難しいです 休憩中で速乾素材のインナーを乾かそうとしたけど 背中には少し汗が残って それが後で冷えになる感じ 頂上で一回アンダーを着かえたほうがいいのか?


P1300220[1]結局登りでアイゼンを付けた場所より下まで雪になってた 下でも結構降っていたって事ネ 
カリカリと石を踏む程度が増えたのでそろそろいいかナと思い アイゼンを外してスッキリした途端に2度もコントのように転倒した ヘロヘロになった脚で凍結に乗れば訳なく転ぶよネ 後方から人が二人来てるのは知ってたので しっかり見られた気がして恥ずかしくてその後は怒涛のスピードで下る
膝下のドロドロ汚れを防ぐ為のゲイターってやつも 煩わしいので下る前から外してしまっていて アイゼン外して雪が無くなったころのぬかるみで 結局ひざ下ドロドロになってしまった・・・・
ま、やれやれ。。。の下山だったけど また経験を増やした感じで満足の山行きでした。

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://beemer.blog50.fc2.com/tb.php/516-6b9c8863