IMG_0255.jpg

















晴天には程遠い空・・・  また江の島まで走りました 暑さも緩んで走りやすくなったはずなんですがネ やはり外が暗いと起き上がるのに躊躇します  で、やっぱり6時過ぎの出発 期待を裏切る空模様のした 手足は出さずにカバーを着けて丁度いいくらいの陽気です 私世代のおっちゃんは皆さんそんな感じ・・・

江の島の防波堤に上がって先端付近まで行ってみました 後ろにある灯台のような建物を観て 突然昔を思い出し 感傷的な気持ちになりました  新婚の頃 妻をバイクの後ろに乗せてここに来て 写真を撮ったのでした あの頃を思うと感慨深いです まだあどけなさの残る妻はロングヘアで今よりちょっと細かったような・・・

帰宅後あの写真を観ると やはり今日見たあの灯台の下で妻は微笑んでいました
多分このことを 「懐かしいネ」なんて云っても 鼻で笑うだけだと思うので 妻に話すことはしませんでした  

歳を重ねると多分 女性より男性のほうが 感傷的になりやすいんだと勝手に思っているんですが・・・ どうなんでしょうネ?
IMG_0231.jpg皆様にとってはせっかくのシルバーウイークなのに残念な連休でしたね 私のお休みは台風通過後で 申し訳ないけど好天に恵まれまして 念願の初秋の廻り目平に行きました で、金峰山荘で受付 やっぱり700円は良心的~ チェックアウトの時間制限も特に無いようですネ
平日のわりにはキャンパーの多さに驚きました ロッククライミングや登山 年配のグループでの気楽なトレッキング 
IMG_0229.jpgまたは小さなお子さんを連れてのフアミリーまで  ボルダリングの方たちもサイト内にある大きな岩で練習するために来ているようでした
広大な敷地のあちこちにテントがありました  お気に入りに入れてるキャンパーの方のブログではハイシーズンのここに来てウンザリしている様子でしたが 人気のキャンプ場はタイミングを選ばないと楽しめないのでしょうネ     

IMG_0233.jpg昔9月に来て寒かった覚えがあったし 前回の7月も夜は冷え込んで 外で夕食の支度をしながらも冷えたビールなんて飲む気にもなれなかったので 今回は前室が快適なケシュアを張りました  もう慣れたつもりでサクサクやっていたらセンターのポールを1本折ってしまいました かなりテンションを掛ける必要があったので容赦なくやっていたらあっさり折れました  ま、そんな事情でなのか リペア用に2本のポールが入っていたので 事なきを得ましたが 流石にポール折れたのは初めてで 良いテントだけど安価な理由がそこにあるのでしょうね
夜になると下山した周りのキャンパーの方たちの夕食や宴会の支度で賑やかになります  普段は寂しいくらいのロケーションでキャンプする事のが多いので 自分も少しだけ楽し気な気持ちになりました やはり広い前室は快適で七輪に炭を入れて一人鍋をしてみましたが 思った通り食べきれず 次の朝に食べても余る程で やはり食べ物にこだわるのは難しいです

IMG_0246.jpg釣りはと云うと 初日 前回のポイントに向かうと FLYフィッシャーが獲物が入っているらしきビニール袋を下げて渓から上がってくるのとすれ違ってしまい テンションがた落ちでした それにしてもFLYでキープする人も居るんですネ。。。
気を取り直して 多分釣り上ったであろう入渓ポイントから下流を釣るために 山の中を100メートル程川に沿って下り ロッドを繋ぎましたが 気持ちが下がってもいたし 魚っ気もあまり感じられず ほんの1時間で上がってしまいました 
その後テン張ってからも 面倒になって釣りはしなかったのでした 
明けて早朝 早めに撤収後に川に入るつもりが寝坊して 撤収してから川に向かったのは10時でした 一旦はキャンプ場から上流に向かったのですが 長いまっすぐな上り坂をヒーヒー歩いているうち急に面倒になり 取って返しキャンプ場下の昨日のポイントに向かいました 道すがら釣り人らしき怪しい車両が数台林道脇に駐車してありましたが もう気にするのも面倒になり7月に釣れたポイントから入渓  ま、結果はボウズだったんですけど そこそこ反応はあって 特にブラックカディスには良く出ましたネ そんな見た目のテレストリアルが捕食対象になっているんですかネ? とにかく釣れなくても凄く楽しい時間を過ごせました と、言っておきます 多分釣れたら倍楽しいですけど  
今回特に ウエーディングソールがダメになってるのか バランスを崩すことが多くてちょっと情けなかったですネ 

もう今月でFLYも禁漁になります 年内にまた行きたいけど ここの紅葉とかは綺麗なのでしょうかネ 釣りしないとなると山歩きとか。。。初心者向きの楽なコースもありそうなので考えてみようかナ・・・・
 
IMG_0224.jpg


















相変わらず写真を撮るのが苦手で 江ノ島の灯台をバックにヨットハーバー横の公園から撮ったのだけど・・・ あまり伝わらない感じですネ   空模様は秋らしいかナ? 低気圧が通り過ぎて晴天です 

昨日からの連休 予定していた家事がキャンセルになってしまったので キャンプに行こうと思い前夜キャンプ道具を車に積んでいたら突然ザーっと 予報を見ればやっぱり低気圧が。。。
当日も朝から しとしと 時にザー。。。  やはり出だしに悪天候は気持ちも盛り上がらずキャンプは却下に  皮肉にも夕方には綺麗な夕焼けだったんだけどネ  

で、明けて次の日は晴天だったので自転車を車に積んで出発 モーターサイクルでは散々走った西伊豆に向かうことにした 車をどこかの道の駅に停めてロードバイクで走り回って温泉にでも浸かってこようと思った  なのに

東名の足柄SAで朝食取ってるときに気付いた 「シューズ忘れた!」

と云う訳で あえなくユーターンして帰宅・・・ 
でもせっかくの晴天だから 萎えた気持ちにムチ打ってSCRに出かけてきました
それにしても最近 好天に恵まれずあまり乗ってないおかげで脚も辛かった 6~7月は早朝に走ってたので気にならなかったけど この季節 太陽にジリジリと照らされる時間帯に走るのは身体もきついらしく 動悸が・・・ 年寄りのなんとか? 

物忘れも老化現象の始まりなのかも?  でも昔も 毛バリのBOXを持たずに渓に行ったり  メインキーを自宅の引き出しに仕舞ったままのバイクをトランポに載せて筑波サーキットまで行ったり と 結構やらかしている 


ま、何にしろ自分の衰えは認めたくないけど確実に下降している訳だから 気づかいながらも楽しまないといけないのだね と自覚した一日でした

来週も連休 もう一度廻り目平のキャンプを企てているけど やっぱり台風シーズン また週末から低気圧の予報が・・・ どうなるかナ~

2017.08.30 夏も終わり
IMG_0197.jpg29日の火曜も朝からSCR走ったんですけど 先週も同じ 江の島まで行かずに湘南台までで引き返した
なんか蒸し暑くていまいち頑張れない 今週は雨まで降ってきて・・・・

もう夏は終わる 自転車が気持ち良い季節が楽しみ~ 丁度去年の9月頃から遠くまで走る事が楽しくなって来た
この秋も色々計画中だ あ~ 早く涼しくならないかネェ








 


2017.08.18 東北へ
今年の東北行きは雨にやられて 体調もイマイチでした

IMG_0152.jpg


















盛岡に着いて イオンで買い物をしているうちに 熱っぽい様な怠い感じがして 身体に違和感も感じて 少し気が重くなりました
初日は秋田の乳頭温泉を予定していたけど 取り敢えず 先に 近い網張温泉にテントを張り なんとかテントに落ち着いた頃から雨になり ケシュアの全室にこもり 図らずもBoseのモバイルスピーカーが大活躍でした

次の朝まで強く降られ 予報を見ても今週いっぱい雨予報だったので この時既に もう今年の夏は諦めようと観念しました
少し雨脚が衰えたタイミングで撤収 濡れてしまった道具とテントを車に押し込み   一応 雫石の渓の様子を見に行くと いつも私が入るポイントの前後に先行者が居ました  こんな事はめったにないんですけど  やはり今年はついていない…

IMG_0159.jpg


















折角ここまで来たのだからと思い 秋田側を確認しに 県境の峠を越えると  雨は降っていません 晴れ間さえ見えていました おかげで少しヤル気も快復したので そそくさと いつもの渓へ行ってみます


IMG_0162.jpgそしてこちらの渓は先行者も無く やれやれですヨ 
で、今回も 恐る恐るロッドを振りながらも  無事にお腹の黄色いイワナに再会できて ホッとしました
去年はボウズでしたからネ

今回も熊の情報がこの近くであったのですが とにかく一つは釣りたくて いつもより奥まで入って 漸くのヒットでした 入渓直後から頻繁に当たりがくるのになかなか掛けられなかったので いつしか恐怖心より釣り欲のが優っていたのでしょうネ
毎回この渓では熊への恐怖心で集中できず フライが正確に流せないのと ピックアップが早過ぎるのが 釣れない理由だと 重々わかってはいるんですよ・・・・





IMG_0180.jpg

IMG_0186.jpgサカナの顏を見て気を良くしたので 田沢湖もロードバイクで走りました
でもやはり疲れていたのでしょう 一周ほんの20kmが応えました 実は渓流釣りも結構脚にくるんですよ 1日で二つの遊びは叶わない年頃になった事を自覚しましたネ

























秋田の天候は悪くなかったのですが もうビッショリになってしまった道具を広げる気力は無くなっていたので 帰路に着きました

ついでに朝 先行されてしまった雫石の渓も夕方なら入れるかも?なんて 思いは 峠越えをしてまだ 雨脚の衰えない岩手側を見て 今回は縁が無かった事を悟りました